学び

ポールシーリー博士の実例で学ぶ:3日版フューチャーマッピング

10/2から10/7まで、フューチャーマッピングの無料セミナーの3日目です。

ラーニング・ストラテジー会長で、フォトリーディングの著書などで知られる

ポール・シーリー博士の講義です。

3日目の、横軸のタイムスパンが3日の例として、ポールシーリー博士ご自身の例が紹介されていました。

そこで学んだ要点をまとめておきます。

■ステップ1

・6個の四角とタイトルボックスをかく

・タスクを決める

ゴールとは異なる。あなたにとってより重要なゴールを達成するための方法とする。

左側に書く。書いたら、ポストイットなどで隠す。

一旦タスクから離れて、潜在意識を活用して、ゴールへ最短で近づくため。

ポールシーリー博士のタスクの例:

Develop a routine of writing on a daily basis in order to write my next book

次の本を書くための、日々のルーチーンを開発すること。

・タイムラインをかく。3日なので、開始する日を決めて3日

・3日後に120%ハッピーにしたい人を選ぶ。

この人はタスクを実行するためではなく、120%ハッピーにするためのストーリー作りのために

選ぶ。

■ステップ2

・120%ハッピーになった状態のその人のセリフを想像して書く

・目を閉じて、ハッピーになった状態の人があなたにくれる、ギフトパッケージと中身を想像する

・目を開いて、それを右下のセリフの下に書く。

■ステップ3

・その人の現状の状態の顔とセリフを書く。

・右上から、右下に利き腕でない方で、波線をひく。

・波線の面白いと思った箇所に小さい矢印を書く。

・面白い順に番号をつけて、短い言葉を書く。

■ステップ4

・どのようにあなたの選んだ人が120%ハッピーになったかのストーリーを波線の下に書く。

・ストーリーの中の気になるキーワードに丸印で囲む。

・サブタイトルにストーリーを要約した言葉を書く

■ステップ5

曲線の上は現実に戻り行動計画を書く欄となる。

・曲線の上にアクションプランを書く。

・夢から戻り、現実に戻る。ストーリーからの学びをアクションプランに書く

・キーワードをストーリーにまるで囲む

・インタープリとしてアクションシナリオにする

・タスクをレビューする

・クエスチョンは

アクションシナリオに解釈して書く。

ポールシーリー氏の場合の、ストーリーから学んだこと。

・書くことに対して、喜びを感じること。夜リラクックスして幸せを感じる

・次の朝目覚めるとき、書くことにとても心地よい気持ちになれることを感じる。

書くときに、成功、自信、自分の考えをシェアしたいという望みを感じる。

・3日目に、自分の考えを言葉に表現できる能力を見出すことができた。

効果的に何を書くかのアイデアを掴むことができる。

キーは寝るときに、自信を持った気持ちになること。次の日に良い気持ちを保つこと。

・アクションシナリオはこれらの考えを記憶に取り入れること。

■ステップ6

・タイトルを書く

ギフトボックスと中身を思い出す。このギフトはアクションシナリオに繋がる何かを象徴している。

ポールシーリー博士の例では、大きなダイアルを備えた、デスクトップ電話でした。

自分が必要なときに、すぐに浮かぶクリエイティブなアイデアを連想したそうです。

書くことをルーチンワーク化する。次のアイデアを得るために、誰かに電話すればよさそう。

このように、あなたのアクションシナリオを満たすための、ヒントが隠れていないか考えてみること。

アクションシナリオのエッセンスを掴んだら、サブタイトルをみて、タイトルをつける。

これらをサマライズすると、As you believe, see and feel happy.

これは、タスクとして書いた本を書くための日々のルーチーンを開発するためのヒントになるとのこと。

同様にあなたのタイトルを決めてください。

・ベイビーステップを決める

タスクを完了するための、簡単な小さな行動ステップを決めるステップです。

タスクの下に書きます。

ポールシーリー氏の場合は、Schedule your 20 min. of writing title for tomorrowとなります。

■終わりに

以上をまとめた図がこうなります。

この例が、3日のフューチャーマッピングを作成する時の参考になれば幸いです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。