海外旅行

ニューヨークを満喫する旅(7):ジョン・レノンを偲んでストロベリーフィールズを訪れました。

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

ビートルズのジョン・レノンといえば、新大人世代から言わせると知らない人はいないぐらの著名人です。

私もビートルズファンの1人として、ニューヨークに来たなら、

ストロベリーフィールズのジョン・レノンの記念碑に行かねばと、

今回NYC3日目の午後に訪問が実現しました。

地下鉄の最寄り駅は「72 St」で歩いてもすぐのところです。

■ストロベリーフィールズのイマジン記念碑

ここの碑目当てで訪れる人はこのときも絶えず、この碑の上にあぐらをかいて座った姿勢で写真をとるため、

10人ぐらい順番待ちをしていました。写真は断念して、人の入れ替わりの隙間にパチリ。

「イマジン碑」は、オノ・ヨーコにより1985年に捧げられた記念碑だそうです。

『IMAGINE』と描かれた円形のモザイク碑

小道に沿った岩には、飾り板には、記念碑を作るのに支援した国名リストが記載されていました。

Japanを見つけてすこし安心しました、

■ダコタ・ハウスについて

ストロベリーフィールズのあるセントラルパークから道を隔てて、

ジョン・レノンが命を落とした場所で、住んでいたダコタ・ハウスの前も通りました。

事件が起きたのは、1980年12月8日といいますから、もう38年ぐらい前なのですね。

もっと、怪しい雰囲気の場所かと想像していましたが、実際訪れてみると、

セントラルパークが目と鼻の先の普通のメイン道路に面した立派な高級住宅でした。

南玄関前で討たれたそうですが、とくに花束とかがあるわけではなく、

何事もなかったかのような静かな佇まいでした。

wikiによると、ここに住んだ著名人として、

オズの魔法使いのドロシー役で有名な女優のジュディー・ガーランドや、

指揮者で「ウェスト・サイド・ストーリー」の作曲家のレナード・バーンスタインも名を連ねていました。

■ストリートミュージシャンのレベルの高さにびっくり

イマジンの碑のそばで、ギター片手にビートルズナンバーを歌うおじさんもとてもうまかったのですが、

それより驚いたのは、すぐ近くで聴いたこちらのジャズミュージシャンです。

ストロベリーフィールズ近くでのストリートジャズミュージシャンのレベルの高さにびっくりでした。

以上、ジョンレノンゆかりの地とストリートミュージシャンの体験記でした。

ビートルズファンなら、ニューヨークに来たときには1度は訪れるべき場所です。

 

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)