スマート機器とIT技術

iPhone機種変更時にMacにAirDropできない時の対処方法

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

iPhoneを機種変更したら急にAirDropが使えなくなるというトラブルが発生という経験されたことはないですか?

私はiPhone8Plusを使っていて、写真などをAirDropでiMacに送信してました。

最近iPhone12に機種変更して、データ移行もスムーズにでき、さてAirDropを使おうとしたら、iMacを認識しなくなってしまいました。

この記事ではアップルサポートに問い合わせて問題解決できたので、同じような経験をされた方の参考なるように対処方法を紹介します。

■ iPhoneを機種変更時にMacにAirDropできない時の対処方法

結論から言いますと、対処方法は以下です。ネット検索してもすぐにわからなかったので、アップルサポートに問合せて5分ぐらいで解決しました。

・iPhoneのAirDropの設定をチェックして、「受信しない」「連絡先のみ」の場合は「すべての人」に変えてみる。

です。詳しく紹介します。

まず確認する手順はこちらです:

・iPhoneの設定>一般>AirDrop を開く
・「受信しない」「連絡先」になっていたら「すべての人」にチェックをいれる 

私の場合は、「連絡先」になっていたので、「すべての人」に変えてやってみたところ、iMacを認識して、送れなかった写真を無事送信できました。

■一旦iMacに送信できることが確認できたら、iPhoneの設定を「連絡先」にもどす

「すべての人」のままにしておくと、知らない人のiPhoneからもデータが送られてくる可能性があるのは少し心配ですよね。

そこでiPhoneのAirDropの設定を「連絡先」に戻しておくことをおすすめします。

こうすることで、メールアドレスか電話番号でアプリに連絡先が入っている人からしかデータが送られて来ないので安心です。

ただiMacに送りたいときに、その都度「連絡先」から「すべての人」に設定を切り替えるのは面倒ですね。 

いったんiMacにデータが送信できたあとは、「連絡先」にもどしてもAirDropが使えました。

理由はわかりませんが、一度AirDropが開通するとiMacを連絡先として認識してくれたからかもしれません。

■まとめ

この記事では、iPhoneを機種変更した時にiMacへAirDropの転送がうまくいかないときの対処法を紹介しました。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)