美術

潘 憲生展の風景画の魅力

先日の日曜日、たまたま立ち寄った百貨店のアートギャラリーで

四季折々の懐かしさを感じさせる風景画に惹きつけられました。

潘 憲生(はんけんせい)さんの個展です。

■風景画の魅力

清流の水面の透明感。

川面の石に輝く光、石の質感。

光と影で変化する木々の緑のグラデーションと陰影。

何に魅力を感じたのだろうと振り返って見ると、

絵を通して、昔の自分の中にある記憶と結びついたからでした。

森のなかにいざなうというか、かつて踏み入れた自然の中でのひとこまを

思い起こさせてくれたからでした。

大震災の時期よりもっと前の福島の山の中での渓流釣り。

さらに遡って、子供の頃の記憶の一場面かもしれません。

 

■潘 憲生さんとの会話

ご本人が会場におられて話をすることができました。

もともと中国の方です。

芸術表現に身をささげることで、ストレスフリーなためか

63歳とは思えない、50代前半ぐらいのご容貌です。

55年ぐらい絵を描いているそうです。

中国で個展を開いたときに、たまたま来ていた日本人の画廊の眼にとまって以来、

その方に薦められ、来日、依頼三越でも個展を開くなど東京でもご活躍。

栃木に住んでいましたが、2年程前に、北茨城に移り住みます。

岡倉天心をはじめ、日本美術にかかわる人物がかつて住んだ場所でお気に入りの場所だそうです。

かなり細かい描写なので、どのぐらい時間をかけるのかお聞きしました。

現場で、デッサンか水彩画をかく。 家で1日に最低2時間、気分がのれば

もっと時間をかけて作成し、約6日ぐらいかけて仕上げるのだそうです。

お話の中で、風景画にしても、人物画にしても、それを通し自分は何を表現したいのか

を持つことが大事との言葉は印象に残りました。

これは、絵にかぎらず、文章でも音楽表現でもなにかをアウトプットするときにも当てはまる

本質的なことだと言えます。

貴重なお話を伺うことができました。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

POSTED COMMENT

  1. 田中 裕 より:

    潘さんはまさに水の画家で水面の情景は天下一品です。今回全国公募展でもめでたく受賞されました。
    彼の絵に魅せられて今までに3枚購入しましたが、見飽きることはありません。完成度が素晴らしい
    です。これからも応援していきたいと思ってます。

    • こうちゃん より:

      田中 裕様
      コメントいただきありがとうございます。
      そうですね。水面の情景がとても美しいですね。
      全国公募展で受賞されたとは素晴らしいです。
      3枚も購入されたのですね。
      いつか購入できたらいいなと思っています。
      私も応援していきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)