音声入力

iPhoneで音声入力性能の素晴らしさが体感できる便利アプリ「リモートマウス」

Remote Mouseというアプリはご存知でしょうか?

iOS機器をWifiで接続して、MacでもWindowsでもクラウド環境の中で無線マウスとして使える、とても便利なフリーのアプリです。

最近あるコミュニティーでの情報として知りました。

iOS機器だけではなく、アンドロイド系のスマホもできる様です。

ここでは、iOSでこのソフトを使って、iMacの画面上にメモアプリで表示させました。

以下の文章を音声で読み、iMac上のテキストエディタアプリで、文章を表示させました。

文章は、先日上野の国立西洋美術館での「北斎とジャポニズム」展のパンフレットの前書きから選びました。

わかったことは、無線マウスとして選ぶ機器のCPU能力で結果が左右されると言うことです。

■音声入力の結果

手元にあるiOS系の入力機器3種類をつかって、音声入力性能を比較してみました。

音声入力結果はこうなりました。

入力する端末のCPUの性能によって、結果に差がでました。

表にまとめるとこうなります。

自分の声の朗読から文字にしたので、多少のスピードの違いがあります。

やはり、CPUの性能の進化に相応した結果となりました。

iPhone8Plusは初代iPadProと同等の連続動作時間と入力文字数ですが、

認識率においてより優れていることが確認できました。

Remote Mouseは、デスクトップでもノートPCでもさらにはWindowsPCも手元のiPhoneやタブレットをマウスとして音声でもキーボードでも入力できるところが便利です。

音声入力機能を是非活用してみてはいかがでしょうか。

以下は、このアプリのインストール方法と使いかたです。

■補足:リモートマウスのインストールの仕方と使いかた

・モバイル端末のiPhoneもしくはiPadにアプリをインストール

・MacでもWindowsPCでも、サーバーソフトを公式ページからインストール

・端末とPCを同じWifi環境に置く。

ここまで実行すればすぐに使えます。

詳細はここが参考になります。

iPhone をワイヤレスマウスにするアプリ Remote Mouse : iPhone 5s + windows 10 編

 

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)