健康

ライムをレモンの代わりにグリーンスムージーに使ってみた。その栄養価の違いと効用は?

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

毎朝グリーンスムージを飲んでいます。

普段は、レモン、りんご、キウイ、小松菜、シソ、バジルを使用していますが、

今回レモンの代わりに初めてライムを使いました。 理由は2個で100¥程度で、レモンより3、4割安かったからです。

そもそもレモンとライムの違いはどういうところで、どういう効用があるのか調べてみました。

まずわかったことは、ビタミンCがライムはレモンの約半分しか含まれていないことです。

ちょっとがっかりしましたが、

ではどんな効用があるのか、米国Googleで信頼の置けるwebmdのサイトの記事を見つけました。

「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」の検索方法に従って、

lemon and lime health evidence のキーワードで検索しました。

そしたらレモンと同様の多くのメリットが確認できてホッとしましたので、まとめておきます。

■レモンとライムの栄養の違いとは

まずは、気になる栄養の違いについてWikiで調べたところ、

Wiki 「ライム」より引用

ということで、なんとビタミンC濃度については、レモンの約半分でした。

レモンより安いわけです。少し残念でした。

では効用はどうでしょう。

■なんとレモンと同様15もの効用が

検索したら、信頼の置ける情報源のwebmdの記事が見つかりました。

15 Healthy Ways to Use Lemons and Limes” という記事で、

以下の15の効用があるそうです。

・ちょっとしたフレーバーをシュガーレスで加えてくれる
・コラーゲンを作る助けになるので、しわができにくい
・ビタミンB複合体の一部のチアミンとリボフラビンが、体を元気にしてくれる
・抗酸化剤が細胞の損傷を防ぎ病気になりにくくする
・妊娠中のおなかの赤ちゃんの成長を助ける
・殺菌作用があり、サルモネラ菌に効果がある
・血圧を下げる
・抗酸化剤を多く含むのでがんの予防になる
・フラボノイドにより血中の脂肪や糖分を健康なレベルで維持する助けになり心臓病のリスクを低減する
・歯茎の健康を保つ
・ビタミンCが風邪の予防になる
・コレステロールの値を改善する
・酸化防止剤であるポリフェノールが、体重と体脂肪の増加を抑える
・クエン酸塩が腎結石を予防する
・パーキンソン病やアルツハイマー病などの脳疾患の予防になる

webmd “15 Healthy Ways to Use Lemons and Limes”より引用

ライムはレモンに比べてビタミンCの量が半減するとはいえ、

どちらも抗酸化作用があって健康面で多くのメリットがあることがわかりました。

レモン、ライムどちらでもよいとわかったので、今後も継続して摂取していきます。

 

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)