スマート機器とIT技術

スマホを使ったkindle読み上げ機能で図表が出ても止めない方法

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

スマホを使って、隙間時間や、ウォーキング、車の運転中などに、

kindleの読み上げ機能で読書を耳読されている方もいらっしゃるでしょう。

私もその一人ですが、図表が出てくると読み上げ機能が止まってしまって、

ページ送りして再度2本指でスワイプしなければならない煩わしさを経験されたことはないでしょうか?

特に車で利用する時などは安全上問題です。

その対策方法をご紹介します。

■そもそもkindle読み上げ機能とは

読み上げ機能をご存知でない方のために簡単に記載してきます。

既に活用されている方は読み飛ばしてください。

・スマホにアプリをインストール

・Amazonでkindle版の本を購入

・本を開く

・二本指でスワイプすると読み上げ開始

以上で読み上げが始まります。亀マーク/うさぎのマークで読み上げ速度を調整できます。

ウォーキングの時や、車内で聞く時に重宝しています。

うちは車のオーディオが Bluetooth 対応なので便利です。

ただ、図表が出てくる本だと、図表のページになると文字がないために、そこで読み上げがストップしてしまい、

自分でページを送ってからまた、2本指でスワイプし直さなければならないところが面倒です。

■図表が出て来ても読み上げを止めないためには?

これは簡単で、画面を横にして、字を小さくすることです。

こうすることで、縦型にしていた時に図表のみのページになり、文字がそのページにないため、

読み上げが止まってしまうことを防ぐことができます。

たまたま今読み上げ機能で読んでいる本の中に、

米国の過去4年間の全交通事故の25%が、運転中にテキストメッセージを捜査していることが原因となっている

ブレット・キング著「拡張の世紀」より引用

という話を聞いて、運転中のスマホ操作の危うさを再認識しました。

ちょっとした工夫で余計な操作をなくすことができます。

ウォーキングの時は、今までポケットに入れてましたが、これからは以前購入したグッズを使うつもりです。

これですと、腰回りに装着することで、横画面をキープできそうです。

■必ずしもうまくいかない場合も

書籍によっては、うまく行かない場合もありますので、注意が必要です。

それは、元々の図表が横長の場合です。

その場合には手で操作するしかなさそうです。

そのうち、そんな場合には音声でページ送りができる機能が追加されると良いのですが、

アプリ側での改善を期待したいです。

2019.01.09 追記:アマゾンFireをその後購入しました。

こちらの方の読み上げ機能は図表が出てきても常に止まることなく読み上げてくれます。。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)