スマート機器とIT技術

アマゾンFireで日本語読み上げ機能の設定方法

こんにちは。新大人世代を応援するこうちゃんです。

アマゾンFire 8は、kindle本を読むのに便利ですが、

さらに音声でページのテキストを読み上げてくれる読み上げ機能があるのが嬉しいですね。

ちょうど今日までアマゾンのサイバーマンデーセールでしたが、

40%オフでしたのでこの機会に手にした方も多くいらっしゃると想像します。

私もその1人ですが、いざKindleの日本語読み上げ機能を設定しようとして、戸惑いを感じました。

そのあと、ウェブの情報も参照しながら30分ぐらい奮闘してやっと設定できました。

iPhoneのKindleアプリでも読み上げ機能はあるのですが、

本によっては図表で読み上げが止まってしまう場合が多いです。

その点、Kindle Fireは、図表が来ても自動でページ送りをしてくれて、

読み上げ機能が止まらないのでとてもありがたく、重宝しそうです。

ここでは、初めて手にされた方が迷わずに日本語読み上げ機能がサクッと設定できるように、

手順をまとめておきます。

■日本語読み上げ機能の設定方法

セットアップについては、Wifiにつなげて画面表示に従えは比較的簡単にできますので、省略します。

日本語読み上げ機能のセットアップについては、2通りあるようです。

1)kindleアプリを開いてから日本語読み上げ機能をセットアップする

他の方の情報によると、kindleアプリを開いて、設定を開くと日本語読み上げ

という項目が素手にあって、これをオンにすれば良い場合もあるようです。

なぜか私の機種は、kindleアプリからの、設定画面にはその項目が見当たりませんでした。

2)初期画面から日本語読み上げ機能をセットアップする

そこで、実施したのは以下の方法です。

・初期画面から、設定を選ぶ

・デバイスオプションを選ぶ

・言語と入力

・読み上げ機能

・追加音声をダウンロード=既にダウンロードされていたので、

・デフォルト音声

・日本語 Mizuki(JPN)が◉を確認。

ここまで実施してから、キンドルでどれか本を開くと、下に読み上げボタンが出てきました。

ためしに、iPhoneで図表がでると、iPhoneを横にしても読み上げが止まってしまった本の例として、

「幸せの経済学」というのを開いて実行してみました。

噂にたがわず、図表がでてきても、勝手にページを送ってくれて読み上げを継続してくれました。

ご参考になれば幸いです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)