ゴルフスコアアップ

シングルプレーヤーから教わったゴルフのショートパットを外さない方法3つの原則と練習方法

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

ゴルフのアベレージプレイヤーの悩みの1つにショートパットを外してしまうことがありますよね。

私もそのひとりですが、この記事では一緒に回ったシングルプレイヤーから教わって効果のあった3つの原則と練習方法を紹介します。

前半のパット数が22と最悪だったのが、後半のラウンドでその教えに従ったら14に大幅改善したので、効果ありでした。

まだ意識したことのない方は、試してみてはいかがでしょうか。

■シングルプレーヤーから教わったショートパットを外さない方法3つの原則

結論からいうとその原則とは、以下の3つです。

①バックスイングはリズムをゆっくり。

②フォロースルーを大きくとって押し出す様に出す。

③ボールの先にもう一つボールがあるイメージでフォロースルーをする

なんだ、簡単じゃないか。と思われるかもしれませんが、実際に自分のパッティングを見てもらったところ、リズミは速いし、フォロースルーも小さいしで、できていませんでした。

■ショートパットでやってはいけない3原則とは

ショートパットに限らずロングパットも含めてやっちゃだめ原則の3つとは、

①ストロークのリズムが早くなって打ち急ぐこと

②インパクトで緩むこと

③パターヘッドをインパクトの後止めてしまう事

どうしても、ショートパットになると、早く入れたいという思いが先行して、リズムが早くなりがちです。そこを意識してゆったりとバックスイングをする必要があると言われました。

2番目が、インパクトでブレーキを無意識にかけてしまうことで、これもボールに勢いがなくなってしまいます。そうなると、ボールの回転も悪くなり、方向性にも悪影響があります。

3番目は、インパクト後のフォローが極端に少なく、パンチショットみたいになることで、これは入れるための原則の裏返しです。

■ショートパットを外さないための練習方法

それは達人によると、

バックスイングしないでパターで押し出す練習をする

です。

どういう風にするかと言うと、ボールを置いてパターを構えてアドレスして、バックスイングなしでそのまま前に押し出す様に転がすだけです。ボールが正回転でまっすぐ転がればOKです。

この練習でフォローを押し出す感覚がわかります。やってみたところ確かにフォローの押し出す感覚がわかりました。

女子プロゴルファーでパターが上手な鈴木愛選手なんかのフォローのイメージもそうですね。ここを意識して練習すると効果ありそうです。

■まとめ

プレイヤーから教わったショートパットを外さないための二つの原則、やってはいけない二つの原則、それから練習方法ご紹介しました。

是非試してみてください。ご参考になれば幸いです。 

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)