スマート機器とIT技術

格安SIMで、YmobileよりIIJを選んだ理由とは?

ソフトバンクから格安SIMに移行しました。IIJのBIC SIMです。

MNP(Mobile number portability ナンバーポータビリティ)予約番号を取得する際、

ソフトバンクで運営しているYmobileの格安SIMを薦められました。

その場合、以下の様ないろいろ特典がついています。

正直、どちらがいいのか迷いましたが、結局はIIJにしました。

決め手は、月々の通話料をそれほど使わないことを考慮した24か月時点の金額比較でした。

■特典を抜きにした、通話料

特典なしの通話料は、月6GBの場合こうなります。

■ソフトバンクからYmobileの格安SIMに移る場合の特典とは

ソフトバンクからYmobile に移る場合の特典は以下があります。

・ソフトバンク光を契約していれば、毎月756円のデータ通信料値引きが24か月ある

・期間限定で、10000¥の値引きがある。

・通話料金無料サービスがある。1回10分以内の通話が月300回まで無料。

■IIJの新規契約時の特典とは

一方IIJの方も特典があります。

・月々300¥のデータ通信の割引が12か月間ある。

・みおふぉんの無料アプリから通話すると、

通話料が、20¥/30秒が 半額の 10¥/30秒になる。

■特典を加味した金額比較は

それ以外に考慮すべきは以下がありますが、IIJもymobileも同程度の金額で差額は11¥と少額のため、

無視します。

・違約金は、事務手数料と併せて13500¥どちらもかかる。

・ymobileは新規契約の事務手数料が3240¥かかる。

・IIJも3229¥SIMカード代がかかかる。

そうすると、月々の割引を考慮した場合は以下となります。

ここでは、ymobileの10,000円の特別割引は考慮してません。

そうすると、IIJでの通話料をどのぐらい考慮するかによって、累計金額に影響します。

上の例では、月々300¥ですから、15分の通話の場合です。10¥/30秒なので。

この時、24か月時点で、黄色い部分の差額が、10,896円になり、

その後は差が広がるので、IIJの方がお得になります。

 

通話は、LINE通話やFBのメッセージ通話を活用すれば、十分実現できそうです。

月々のデータが6GBの例ですが、

ご参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)