電子機器活用

iPhone8Plusの音声入力がiPhone6Plusより優れる点

つい最近iPone8PlusにiPhone6Plusから機種変更しました。

iPhone6Plusを下取りに出す前に、音声入力文字数と誤変換の度合いを比較してみました。

結論は、文字数も誤変換率もiPhone8Plusの方が勝利しました。

CPUの性能もコア数も差があるので当然といえば当然の結果ですが、

どの程度の差か興味がありました。

■比較方法

本日9/27の日経電子版のニュースから下記をピックアップ。

2台のiPhoneをWifi接続して、メモアプリを起動。マイクボタンを両手を使って同時に押します。

声を出してニュースを読み上げ、音声を受け付けなくなるまで読み続けました。

下の写真の左がiPhone6Plus、右がiPhone8Plusです。

■果たして結果はいかに

字数と文字数カウントアプリにペーストして文字数を出します。

次に、誤変換文字を目視でカウントして、誤変換率を計算しました。

途切れるまでに変換できた文字数    誤変換率

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

iPhone6Plus      146          10.9%

iPhone8Plus                  212                              6.1%

変換文字数は、約1.5倍、誤変換率は4割ぐらい性能が良い結果になりました。

まあ、読み上げる人の滑舌の良さにも影響はあるのでしょうが、

1つの参考結果と受け止めてください。

iPhone8には、A11 Bionic CPUという世界初のAIチップが内蔵されているそうです。

今後は、使うにつれ、語彙の学習もしていくのではと期待します。

ご参考になれば嬉しいです。

 

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。