本からの学び

読書メモ:最強の成長術

スティーブ・マグネスとブラッド・スタルバーグの著です。

一時的成功による燃え尽き症候群に陥ることなく、人生成長し続けるための秘訣が述べられた名著です。

著者はそれぞれ、天才高校生ランナーのアスリートとマッキンゼーの優秀な企業コンサルタントでした。

しかし、燃え尽き症候群を経験し、持続的な成長のための法則を求めて、

多種多様な分野で活躍するアスリート、芸術家、科学者にインタビューを重ねた結果

自分の能力を最大限に生かして、しかも持続的に成長するための秘訣を導き出しました。

ざっと目次を見て、次の3つの私なりの質問の答えを知りたくなりました。

・成長の方程式の中身は何か?

・成長習慣にするための重要なポイントは何か?

・成長し続けるために重要なポイントは何か?

結論を見ていきます。

■成長の方程式とは?

成長の方程式とは、

”負荷+休息=成長”

です。  例として、

”バーベルで上腕二頭筋を鍛える時重要なのは、自分に合ったウェイトを見つけること。

重すぎると怪我をするし、軽すぎると鍛えられないと言うことでです。”

と述べられています。スポーツの世界だけでなく、ビジネスやすべての分野に応用できます。

■成長習慣にするために重要なポイントは何か?

ポイントは、

”自分に合ったルーティーンを作り、1日を自分で設計すること”です。

本番で力を発揮するアスリート、ゴルファー、芸術家は皆自分なりのルーティーンを持っていて、

そのあと直ぐに集中して、最高のパフォーマンスを発揮すると言います。

確かに、余計なネガティブ思考を排除することで、集中できるからそれができるのだと納得です。

マルチタスクはやめて、シングルタスクに集中することの重要性も述べられています。

よく、1万時間の法則という話を耳にします。

誰でも1万時間練習すれば、その道のエキスパートになれるという考えかたです。

筆者らはこれを否定します。

”時間ではなく、何をやったかが重要”と。

ここは全く同感です。

自己流のスイングで1万時間ゴルフの練習した人と、プロのコーチに習って1万時間正しいスイングで

練習した人との違いを想像してみれば自明でしょう。

■成長し続けるために重要なポイントは何か?

それは、ズバリ

自分だけの目的を定め、それを毎日確認すること

です。

この考えは、自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミングという本の

実現したいこととアフォアメーションの話に似ています。

目的を決定するために、4つのプロセスが紹介されています。

”①ステップ1:「核となる価値観」を5つ選び出す

②ステップ2:核となる価値観を「カスタマイズ」する

③ステップ3 :核となる価値観に順位をつける

④ステップ4:「声明文」を書く”

このプロセスを経て、2、3行の声明文を複数個つくり、目のつく所に貼り出し、

毎日1日の終わりに振り返るのだそうです。

これらが実践できれば、本当に成長が実現できそうな気になります。

ちょうど今は師走を迎え、新年を間も無く迎える節目の時期でもあります。

目的をもう一度見直して実践して見てはいかがでしょうか。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)