クッキング

ホットクックで作る低温調理レシピ:鶏ハムと温泉卵を同時につくる

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

ホットクックをお持ちの方は上手く活用して、調理時間を有効に活用できるメニューを知っておきたいですよね。

そんな時に最近お仲間の投稿で知った鶏ハムと温泉卵を同時に作るレシピを試してみたら上手くいったので、シェアします。

■ホットクックで作る低温調理レシピ:鶏ハムと温泉卵を同時につくる

参考にしたのは、こちらの記事です。

鶏ハムの下ごしらえは、塩こうじに一晩付けておいたり、にんにくと塩で同じように半日ぐらい冷蔵庫で寝かせておいたりと色々あるようです。

今回は、いつもの方法で表面をさっとフライパンで香草のローズマリーと一緒にさっと表面のみオリーブオイルで炒めて、ジップロックを使ってすぐに湯せん加熱する方法です。

●材料 (3人分)
たまご:3個
鶏むね肉:400g
ローズマリー: 3本程
塩  :全体重量の0.6%

こちらが材料です。胸肉は皮の部分を取り除きましたが、お好みでつけておいても結構です。

 卵は地元産でいただき物です。海藻、ヨモギ、木酢酸、カキ殻をミックスした特殊飼料を与えてできた卵で、黄身が確かに鮮やかなオレンジ色をしてます。

●レシピ
・鶏むね肉はフライパンにオリーブオイルをしいて1,2分ほど表面を中火で
ローズマリーと一緒に炒める。
・ジップロックに入れて全体重量の0.6%の塩も一緒に入れる。
・ホットクックに
水か60度程に温めた湯をいれて(この方が少し早くできます)
ジップロックに入れた鶏ハムを入れて、ストローで空気をぬく。
手動>発酵>温度70度>時間50分

以上です。68℃で1時間にしたかったのですが、うちのホットクックは65℃の次は70℃になってしまったので、70℃で時間を少し短めの50分にしました。結果的にはちょうどよかったです。

少しフライパンで炒めたところ。

ホットクックの内なべにセット。

いつもは、象印の煮込み自慢で70℃30分設定+10分放置で作っていたのですが、ホットクックだと1℃刻みで温度設定ができるのでよりきめ細かい調理ができます。

■できあがりと味

温泉卵はとろとろでいい感じでできました。 きみの色が鮮やかです。サラダにしてレタスとトマトと一緒に盛り付けました。塩とオリーブオイルでいただきました。

色だけでなく、味のほうもより濃厚な味で、温泉卵にしても美味しくいただきました。

鶏ハムの方もしっとり感があって美味しくできました。

■まとめ

鶏ハムと温泉卵が同時にできるのは、教わったアイデアですが、一石二鳥でとても便利です。

ご参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)