ブログブラッシュアップ

Googleサーチコンソールの使い方:blog初心者が知っておきたい読まれた過去記事の確認方法

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

 googleアナリティクスはよく使うけど、googleサーチコンソールの使い方がいまいちよくわからないくて、活用できてないことはないですか?

私もそうですが、最近直近のある期間にどの記事が読まれたかを、googleサーチコンソールを使えばすぐにわかり便利でしたので、そのやり方を紹介します。

■Googleサーチコンソールで読まれた過去記事の確認方法

やり方は簡単です。

・Googleサーチコンソールのトップページを開き、「検索パフォーマンス」をクリック

・検索パフォーマンスのページで日付:過去記事の調べたい期間を選ぶ

・適用ボタンを押す

これだけです。

まずトップ画面から、検索パフォーマンスを選びます。

この例では、過去7日間を選びました。そうすると、このような画面になります。

クエリというのは検索ワードですね。過去どの検索ワードから検索されて記事が読まれたかがわかります。

この例では、1位の検索キーワードが「パンコントマテ 」で

クリック数が24、記事の表示回数が760回になってます。

表示が760回もあって、クリック数が24と少ないので、リライトの可能性の有無を判断する材料にもなります。

次にどの記事がどのぐらい読まれたかをみるには、プルダウンの「ページ」をクリックすれば、このように上から順番に指定した期間の過去記事がリスト表示されます。

■この調べた結果から何がわかるのか

まずクエリの検索ワードと、クリック率がわかるので、どういうキーワードから検索されているのかがわかります。

これを知ることによって。キーワード選定が予想通り正しかったのか、あるいは別のキーワードの方がよかったのかが確認できます。

もうつのページの方をクリックすると、記事自体でかこにどの記事がどれぐらいクリックされたのかがわかります。

そうすると、過去7日(つまり1週間)で顔つきがどう変わったのかがわかります。

人気が今一つの記事などを探すのに便利です。

■まとめ

Googleサーチコンソールで、過去記事のどれが読まれているのかを確認する方法を紹介しました。ごさんこうになれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)