クッキング

ホットクックの蒸し野菜や蒸し豆用の蒸しザルとしておすすめの日本製ステンレス蒸しざる3点セット

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

ホットクックの得意とする調理の1つに蒸し機能がありますね。

我が家でも、蒸し豆は朝のサラダに切らしたことがないほど定番になってます。

ただ、付属の蒸し板だと、まめが中央の穴から下に落ちてしまうので、象印の煮込み自慢に付属していた合成樹脂のものを使ってました。

最近さらにいいものをネットで見つけて使い始めました。これがとても便利なので紹介します。

メリットとしては、ステンレスのザルなので、蒸すときに蒸気がいきわたりやすいこと、1.6Lの内鍋にピッタリ収まること、ヘルシオオーブンの天版にのせて使えることなどです。

こういう道具があると、ちょっとした不便が解消されるので、ホットクックやヘルシオを使ったクッキングがより楽しくなります。

■1.6Lホットクックにピッタリ蒸し料理ステンレスミニザル3点セットのメリット

2.4Lタイプの蒸しざるがあるのは聞いたことがあったのですが、1.6Lにはサイズ的にしっくりきませんでした。

今回入手したステンレスミニザルを使ってみて、メリットと感じたところは以下です:

①16cmのものは、1.6Lのホットクックの内鍋にちょうどよく収まるサイズ。

②足の部分がついているので、定量の水をいれることでそのまま使える。

③合成樹脂のものよりも、ステンレスの網なので蒸気がいきわたりやすい。

④付属の蒸し版だとマメやきのこなどのサイズが小さい部分が穴から落ちてしまうことがあったが、メッシュなのでその問題がない

⑤ヘルシオオーブンの天板にも載せられるので、ヘルシオでの野菜蒸しにも対応できる。

まずサイズについてですがこのように1.6Lの内なべ(内径19cm)に今回の16cm外径のザルがちょうどよく収まります。家にあったザルでは大きすぎました。

付属の蒸し板だと、中央に穴があるので、豆や小さい野菜、きのこなどが穴から下に落ちてしまうことがよくありました。

16cmものと15cmのものはこの写真左のように足がついているので、そのままホットクックの内なべに入れて、蒸すための水も入れられます。

上の写真右のように、4,5人分をまとめて蒸したいときには、ヘルシオオーブンの場合だと、3つ同時に使うことができるので便利です。

1人分だけをつくるときには、小さいサイズがつかえます。

■おもな仕様

主な仕様です:

・ザル16cm/全幅164×77mm

・ザル15cm/全幅150×63mm

・ザル13cm/全幅130×高さ52mm

・素材・材質:アミ/18-8ステンレス、枠/ステンレス

・本体重量:143g

■まとめ

ホットクックの1.6Lにちょうどよく収まる日本製ステンレスミニザル3点セットを紹介しました。

しかもヘルシオオーブンにも使えてとても便利でおすすめです。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)