クッキング

銀杏拾い初体験!実の拾い方と処理の仕方

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

銀杏の葉が綺麗に黄色く色づいてきました。この記事では「秋も深まったので、銀杏の実の拾い方と処理の仕方を知りたい」

という方の疑問に答えます。

地元の神社の近くにある銀杏の木の根元で銀杏を沢山拾うことができたので、その様子と処理の仕方を紹介します。

■銀杏の実の拾い方

拾い方のポイントは2つです。

・匂いが強いので、素手ではなくビニールの手袋で拾う
・入れ物も捨てられるようなポリ袋を使う

今回家族の知人から「今が銀杏の実の拾い時」という情報を受けて、人生初の銀杏拾いを体験しました。笑点の大喜利で、小遊三師匠がよくネタにする話でもあります。

天気も良いので、午前中にお目当ての地元の神社に行って見ると。裏側の方に銀杏の木があって、その根元には沢山の銀杏の実が落ちていました。

こちらが、銀杏の木とその根元の様子です。根元には予想以上に沢山の銀杏の実が落ちていました。

さらに、風が吹くたびにポト、ポト、と一度に10〜20個ぐらいの銀杏が落ちてきて、まさに拾い時です。

拾い方は簡単で、匂いが付かないように使い捨ての手袋をはめて、新鮮そうな銀杏の実を選んで、拾います。

10分ほどで、相当の量の銀杏の実を拾うことができました。重さをあとで測ったら、630gほどありました。

■銀杏の実の処理の仕方

処理する時も、匂いが手に付かないようにすることがポイントです。処理の仕方は次の通りです:

・ビニールの手袋をして、ポリ袋の外側から袋の中の銀杏の実を潰して、種を分離する。
・みかんを買うとついてくるネットの中に取り出した種を入れる
・手袋をしたまま、水道で種の周りのぬるぬるした部分を洗い流す。
 (室内だと匂いがきついので、できれば外の水道で洗う)
・新聞紙の上で種を半日ほど干す

こちらが、ポリ袋の中で種を取り出したところ(左)、みかんのネットに入れてぬるぬるを洗っているところ(右)です。

新聞紙に銀杏の種を干しているところです。ここまで30分かからないぐらいでできました。下の右側が約3時間後です。

■まとめ

乾燥させた銀杏の種がこちらです。

重さは230gほどで、実の重さの1/3近くになりました。

以上銀杏の実の拾い方と処理の仕方を紹介しました。収穫して処理した銀杏を使って何か料理を作るのが楽しみです。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)