クッキング

ホームベーカリーで作る全粒粉入りバターロール

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代と子育て世代を応援する、こうちゃんです。

先日ソフト生地で発酵あずきのパンとツナ玉ねぎ入りのパンを作り、初めてにしてはとてもうまくいきました。今回は全粒粉入りのバターロールを作ったので紹介します。

中に詰め物がないのと、丸めるところのやり方が少し異なるだけで、簡単に本格的なバターロールができます。

かかった時間は、トータル2時間40分程です。

■ホームベーカリーで作る全粒粉入りバターロールの材料

【材料(12個分)】
・強力粉:200g
・全粒粉:50g
・バター:40g
・溶き卵:25g (卵1個の溶き卵の 1/2)
・塩:5g
・砂糖:20g
・水(5°C) :140g(cc)
・ドライイースト:2.8g

卵の残りは、焼く時に照りをつけるのに使います。

■ホームベーカリーで作る全粒粉入りバターロールの作り方

【作り方】
・ホームベーカリーの容器にドライイースト以外の材料を入れる
・ドライイーストを専用投入口に入れて蓋をする
・ソフト生地のメニューを選んでスタートを押す
1時間ほどで生地ができるので、取り出し丸めて(12個)
室温で20分ほどねかせる(ベンチタイム)
生地を平に丸くのばして、12 等分する。大きい辺のほうからくるくる巻いていく。
・オーブンの発酵モード (40°C)で40分2次発酵
・いったん取り出してオーブンを180℃にセットして予熱
・溶き卵の残りをパンの表面に塗る。
・予熱が終わったら材料を入れて 15分から20分焼く

こちらが、ホームベーカリーで生地ができたところと、取り出して20分ベンチタイムで寝かせているところです。

すりこぎ棒などで丸く伸ばして、ピザをカットするローラーなどを使って12等分します。その後、カットした生地をさらに伸ばしてから、太い方から丸めます。

ヘルシオオーブンの40℃発酵モードで40分実施します。ビフォーアフターです。結構膨れてます。取り出して溶き卵の残りを表面に塗ります。

ヘルシオオーブンの場合はウォーターオーブンの発酵モードなので霧吹きや湿った布巾は不要ですが、普通のオーブンを使う場合は湿らせた方が良さそうです。

オーブンで焼き上げます。今回は15分、焼き色を見て延長3分にしました。

■ホームベーカリーで作る全粒粉入りバターロールの出来上がりと味

こちらが出来上がりを皿にのせたところです。

焼き色もいい具合で、出来立てを食べたところ、ふわっとしていて、全粒粉の風味があって美味しいです。しかも国産の全粒粉、国産の小麦粉使用していて、無添加のパンなので安心です。

材料費も12個でざっくり180円ほどです。市販のロールパンが6個で160円前後なのでお得感もあります。

■まとめ

ホームベーカリーとオーブンで作る全粒粉入りバターロールの作り方を紹介しました。生地をホームベーカリーで作り、手で整形してオーブンで焼くのも楽しいものです。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)