健康

マインドフルネス瞑想と能楽の共通点

瞑想歴2年半以上、インストラクターを目指す方からオンラインでグループ指導を受けました。
瞑想初心者の私の学びをアウトプットします。

興味あるけどどうやったらいいの?

という方の参考になれば幸いです。

◾️すわりかたと姿勢、呼吸法

・あぐらでも、椅子でも自分が自然にリラックスできるすわりかたでよい
・姿勢は骨盤を立てて背筋をのばす感じ
・目はつぶっても開けてもいい
・環境としては、周りの音や邪魔が入らない場所が望ましい
・呼吸法は普段の呼吸法でよい
・時間は1日3分でもよい

私がよんだ、本
「始めよう瞑想」宝菜有菜著 によると
腹式呼吸を推奨してました。
呼吸法にこだわる必要はなく、自由だそうです。
各人のやりやすい呼吸法を選んで試してみればよさそうですね。

◾️注意すべきポイント

講師のかたによると
・呼吸に集中力する
・という瞬間瞬間のありのままの状態に対する気づき
・色々な考えが浮かんできたら、それに気づく
・気づいたら、それを手放して、呼吸に意識をもどす
・評価しないでありのままを感じとる

だそうです。
なるほど、いわゆる別の自分が自分を観察する
「メタ認知」ですね。

能楽で著名な世阿弥の「風姿花伝」という本にも似たような考え方が
でてきました。自分を客観的にみることの大事さをしめす
「離見の見」
です。
マインドフルネス瞑想との共通点を感じます。

http://www.the-noh.com/jp/zeami/words.html#word05

◾️瞑想の効果

瞑想の効果としては以下があるそうです。

・リラックスできる
・集中力がたかまる
・穏やかになる
他にも、脳の海馬が大きくなり記憶力が高まる、免疫力が高まる効果もあるそうです。

そういえば、今年の春先は不思議に花粉症の薬に頼る必要がありませんでした。

瞑想の効果だったのかもしれません。

◾️まとめ

日常生活で自分をみつめる時間というのはなかなかとれません。
1日3分でも、習慣化してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。