クッキング

安い牛肉でも柔らかで美味しいビーフシチュー

象印の電気圧力鍋を活用したビーフシチューを作りました。

以前、付属のレシピ本の通りでは、牛肉が十分柔らかくなりませんでしたので

一手間加えて、牛肉を事前に60℃で8時間一定温度調理をしてから

レシピ本にほぼ従った一定圧力の35分処理をしました。

そのあと、鍋に移して弱火で30分ほど煮込み、望み通りの柔らかい肉の

ビーフシチューとなりました。

作り方をまとめておきます。

■材料

・牛肉:今回はオーストリア産のシチュー用牛スジ肉にしました。

スーパーで、100g 158円のもの、536gでした。税込で10%引きで、822円です。

・玉ねぎ 1個、人参1本、ジャガイモ、煮崩れしにくいメイクイーン1個

・ニンニク1かけをスライス

・デミグラソース:トマトピューレ(なかったので、トマトを1個スムージーで処理したものを使用)

赤ワイン50cc、ウスターソース大さじ2、オイスターソース大さじ1、コショウ、ローリエの葉

水400cc、コンソメ1.5個、薄力粉大さじ2

塩を全体の重量の0.6%で計算して、ソースの塩分3gを差し引いた量を加える。(大さじ1杯につき塩分1g)。

■作り方

・最初に肉をオリーブオイルかギーで弱火で数分炒める。

・ジップロックに入れて、一定温度調理60℃で8時間処理する。

・ニンニク、玉ねぎ、人参を、弱火で10分程度フライパンで炒める。

・象印IH電気圧力鍋に、肉と材料を入れて、一定圧力35分にセットしてスイッチを入れる。

ここはレシピ本に従います。

・さらに、レシピ本には書いてありませんが、後処理として、弱火で30分ほど煮込みます。

■後処理

・レシピ本では圧力調理で完成ですが、さらに味をなじませるために、

別の鍋に移して、弱火で30分ほど煮込みました。

・ブロッコリーをシリコンスチーマで温めて、ビーフシチューに添えて完成です。

■味の方は?

事前に8時間処理をしたのと、圧力調理後に鍋に移して、弱火で煮込んだかいがあって

肉自体がとても柔らかくなりました。

安い肉でも、肉の味がしっかりしていて、とても美味しくできました。

ワインとの相性も良かったです。

おすすめです。

[amazonjs asin=”B00MF2SK08″ locale=”JP” title=”象印 圧力IHなべ EL-MA30-TA”]

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。