音楽

ベルリン・コーミッシェ・オパーの魔笛は素敵な演出で誰にでも楽しめます

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

今日4月7日、渋谷のオーチャードホールで、モーツアルトのオペラ「魔笛」を観てきました。

ベルリン・コーミッシェ・オパーの来日公演初日です。

個人的には、丁度1週間前のMETライブビューの「ラ・ボエーム」に

引き続いて2週連続となりました。

今回もまた魅力たっぷりの公演で、惹きこまれました。

■今までにないアニメーションを組み合わせた現代的な演出

通常の舞台演出とは趣きが異なり、歌い手以外は全て

プロジェクションマッピング的なアニメーションという現代的な演出でした。

この演出で世界の21都市で300回以上公演してるそうです。

現代的と言っても素朴なメルヘンチックなイラストをベースにしたアニメーションなので、

魔笛のストーリーにもマッチして、まるでファンタジーの世界です。

 

 

プログラムより引用

演出は総監督のバリー・コスキー氏と演出家スザン・アンドレイド氏、

アニメータ&イラストレーターのポール・バリット氏の3名です。

オケも序曲の出だしの和音から始まり、終始極上のハーモニーを楽しませてくれました。

歌手のソリストの方々も魅力的な生の声を聴かせてくれて、芳醇なワインのような味わいです。

合唱団の響きも素晴らしく、スピーカーを通さない声と楽器の響きを体全体で

堪能できるのはライブならではです。

「8歳から80歳まで楽しめる」と演出総監督バリー・コスキーの言葉に

ありましたが、まさにその通りで5歳くらいのお子さんでも飽きずに

楽しめるのではないかとさえ思いました。

子供は半額とか、低料金の設定があるとさらに多くの人が親しめるのになあと感じました。

またこのバリー・コスキー氏は、バイロイト音楽祭で去年2017年に

ユダヤ人初の演出家となったそうです。

最近読んだ本「芸術家たちの秘めた恋」で、ワーグナーがユダヤ人の

メンデルスゾーンに対して差別的な批判をしていたと知って

ショックを受けていましたので、感慨深いです。

子供から大人までとても親しみやすい演出になっていますので、

おすすめです。

日本公演は今回が初で、東京、広島、兵庫でw2018年の4月15日まで開催されます。

自分用メモに今日のキャストをのせておきます。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)