本からの学び

Mindsetとビジネスモデル

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

現代はネット社会を活用した様々な新しいビジネスにより私たちは多くの恩恵を受けています。

ネット通販のアマゾン、ネット版フリマとも言われるメルカリなどがその代表です。

そのビジネスモデルにはただただ驚きと畏敬の念を抱かざるを得ません。

ここまですごいものではなくとも、個人レベルでちょっとしたアイデアさえあれば

小規模なビジネスモデルを作り出すことができる時代になってきました。

では、新たなビジネスモデルを発想するのに必要な着想力をつけるには、どうしたら良いのでしょうか?

■Mindsetの中のエピソード

その1つが、「成長マインドセット」を持つことです。

最近読んだキャロル・ドウェック著”Mindset” のなかで、そのヒントともなり得る

印象深いエピソードがあります。

世にすぐれたヴァイオリニストを生み出したジュリアード音楽院のドロシー・ディレイという女性教師です。

15年以上前に「天才を育てる」という本を読んだことがありまして、中身はほとんど忘れてますが、

元々の天才ヴァイオリニストを磨きをかけたイメージが残っていました。

ところが、”Mindset” によりますと、そうばかりではなさそうです。

彼女にとって、メンターであり同じ教師仲間でもあるガラミアン教授とは対象的に、

ディレイ教授は「成長マインドセット」を持った教師だったというお話です。

彼女は教えることを心から愛しており、どうやって思いを実現するかが

彼女にとってのチャレンジであったということです。

一方の同僚の男性教師のガラミアン教授の方は、教える生徒が少しでも才能がなさそう

と判断すると、「あの子は耳が悪いので教えるだけ時間の無駄だ」と言ったそうです。

そんな時に、ディレイ教授は、どうやったらその生徒の才能をひきだせるだろうかという見方に常に立って、

生徒にもその気にさせて、熱心に指導した結果、パールマン、ミドリ、サラ・チャンなど

元々才能があったろうと思われる門下生以外にも多くのトップクラスのアーティストを育てました。

才能は生まれつきのものというより、獲得できるものという成長マインドセットを持っていたからこそ、

誰からも才能を引き出せたという話に惹きつけられました。

才能なさそうなので教えても無駄と考えるのではなく、その人のためになんとかできないかと考え、

行動したことが成功に繋がったとも捉えることができます。

■ドロシー・ディレイ教授のエピソードからの視点

ここから、「成長マインドセット」をまず持つこと、それから他の人がやりたがらないところに

なんとか解決策を提供することが出来ないかという視点こそが、ビジネスモデルの着想につながりそうです。

[amazonjs asin=”147213995X” locale=”JP” title=”Mindset – Updated Edition: Changing The Way You think To Fulfil Your Potential”]

[amazonjs asin=”4794221789″ locale=”JP” title=”マインドセット「やればできる! 」の研究”]

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)