本からの学び

読書メモ:脳を鍛えるには運動しかない

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

ジョン・レイティ著の「脳を鍛えるには運動しかない」の読書メモです。最近読み返しました。

この本は運動習慣がまだない人や、世代を越えてとくに、年配の方で記憶力が減退していると感じているかたにおすすめの本です。

■心に響いたポイント

とくに面白いところは、「いくつになっても脳の神経は増える」というところです。

その部分を引用すると、

「脳由来神経栄養因子(BDNF)はニューロンの回路を構築し維持している。

…学習、運動、社会との接触という環境の刺激によってニューロンに新たな樹状突起が

生じ、シナプスは結びつきを増やした」

これは、

「脳のニューロンの量は青年期に達したあとは失われる一方」

すなわち、年齢を重ねると脳は衰えていく一方というこれまでの常識を覆す話しでしたので、

強烈に印象に残った部分です。

ちなみに、運動以外に「社会との接触」が含まれているところも、面白いです。

これは、昨日たまたま視聴したTEDトーク

”What makes a good life? “

の社会とのつながり、つまり良い人間関係が、幸福感、健康、長寿に良い影響がある

という話しにつながりました。

■著者について

この本は2008年1月にアメリカで刊行された本だそうで、著者はハーバード大学医学部臨床精神医学准教授です。

生涯教育プログラムの常任講師としても精神科医の人たちを教えているそうで、

どおりでTEDトークのロバート・ウォールディンガー博士と少なくとも間接的に繋がりがあるのは間違いありません。

■行動に移したいポイント

いくつになっても健康で幸福な生活を送るために、「運動」、「学習」、「社会との接触」を意識していきたいですね。

[amazonjs asin=”4140813539″ locale=”JP” title=”脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方”]

 

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)