海外旅行

ニューヨークを満喫する旅(5):癒しの場所、クロイスターズ美術館

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

マンハッタン中心部ミッドタウンから北部へ16kmほど、地下鉄を乗り継いで、40,50分程の所に、

メトロポリタン美術館の分館のクロイスターズ美術館があります。

ニューヨーク 3日目の朝にそちらに足を運びました。

初日に歩いたタイムズ・スクウェアのきらびやかな雰囲気とは全く異なる、

中世ヨーロッパの雰囲気を漂わせる癒しの場所でした。

落ち着きと癒やしのニューヨークも味わいたい方にはおすすめの場所です。

■マンハッタン中心部から地下鉄でクロイスターズ美術館へ

ホテルすぐ近くの地下鉄34st駅から、地下鉄タイムズスクウェアで1番ラインに乗り換え、アップタウンへ。

168stで地下鉄Aラインに乗り換えて、190stで下車。ここまで地下鉄を乗り継いで40分ほどでしょうか。

エレベーターで出口から表にでると、フォート・トライオン・パークが見えます。

マンハッタン中心部のタイムズ・スクウェアのきらびやかで都会的な雰囲気とはうって変わり、

風光明媚で美しい公園が目の前に広がります。天気も上々です。

中心部は気温が18度ぐらいあったのに、こちらは気温15度ぐらいか、少しひんやりします。

清々しい場所で、空気がおいしく感じられます。

Googleマップで現在位置を確認すると公園を抜けて歩くと行けそうなので,

そのまま徒歩でクロイスターズに向かいました。

途中綺麗な花畑や、ハドソン川沿いで見晴らしも良いです。

 

5分ぐらい歩くと、お城のような建物が見えてきました。

クロイスターズに到着です。

■クロイスターズ美術館を楽しむ

「フランスから移設された修道院の5つの回廊(クロイスター )が建物の構成要素になっている」そうです。

13世紀、14世紀のお城にあった実際の構造物の一部やフレスコ画、ステンドグラス、彫刻、タペストリーなどが、

フランスから移設された修道院の5つの回廊て美術館の建物の中、見事に調和して展示されています。

 

ヘブンリー・ボディズと称した特別展が、2018年5月10日から、10月8日まで開催されていて、

現代の主に洋服のデザイナーが、ローマンカトリックの伝統様式に沿った衣服のデザインが展示されていました。

こちらもの作品にも目が釘付けになりました。

 

欧州の修道院風の作りの中庭がまた素敵で、今日は日の光がハーブ園に降り注ぎ、

癒される感じがとても良い雰囲気をかもし出しています。

 

昔イタリアに行ったとき観たような、修道院の中庭のような雰囲気でした。

ここは美術好きのみならず、静かでリラックスできる美しい場所ですので超おすすめです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)