学び

個人の長所を伸ばす指導の重要性

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

「人をよく見ること。生徒はそれぞれどこかに必ず良さを持っている。それを見つけて伸ばしてあげること。」

高校時代の剣道部の顧問の先生の言葉です。強く心に響きました。どうやって伸ばしたのかの方法も語られてましたのでシェアします。

■心に響いた高校時代の剣道部の恩師の言葉とは

何十年ぶりかで高校時代の剣道部 OBの新年会に出席しました。

その中で顧問の先生のご挨拶の中で感銘の受けた言葉がありました。

「生徒たちは、必ずどこかに良いところがある。そこをよく観察して見つけてあげること。それで、その生徒と剣道の稽古をする時に、例えば小手を生徒にそれとなく打たせてあげる。その後今の小手の技は見事だったとすぐ褒めてあげる。そうすると自信がついてその技に磨きがかかってその生徒は必ず伸びる。」

その言葉を聞いて、長年に渡ってインターハイで数々の好成績を残すことができたのは、生徒の力を引き出す指導の賜物だったのだと納得しました。

生徒一人一人をよく観察して、良さを発見し、その良さをその後で生徒に気づかせて褒めてあげる。そこで自信をつけさせて、さらに伸ばすというところが素晴らしいです。

■個人の個性を発見して伸ばすことは応用範囲が広い

個人個人がもつ良いところを発見して、そこを伸ばしてあげるという指導法は、先生・生徒の間だけでなく、子育て、組織での教育、コンサルティング、コーチングなどにも共通するポイントです。

ともすると、弱点ばかりが目についてしまって、そこをいかに直すべきかという言葉が出てしまいがちです。

そうなると、本来持っている長所が見えづらくなります。

この言葉をよく噛みしめて、教育すべき人の個性を尊重し、良い点を伸ばすにはどうすべきかをよく考えて、それを実行に移すことがとても重要だと感じました。

ご参考になれば幸いです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)