クールいばらき

2021年水戸の偕楽園梅まつり前の混雑状況とおすすめスポット

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

コロナで茨城県も県独自の緊急事態宣言が2/28まで延長されている状況の中、2/13に開園が予定されている偕楽園にウォーキングで足を伸ばしました。

ほぼ地元の人しか訪れていないであろう園内の様子を紹介します。梅まつり開園前ということもあって人影もまばらでした。

■偕楽園の梅の花の咲き具合は全体に1、2分咲き。南側の斜面には5分咲きの木もありました。

訪れたのは建国記念日の2/11の昼下がりです。

見頃は例年通り2/20頃となりそうで、全体に1、2分咲きでしたが南側の斜面は日のあたりが良いためか木によって5分咲き程のものも見られました。

休日だというのに、開園前なのとコロナの影響で人影はまばらでした。日当たりの良いせいか、品種の違いなのか5分咲きほどの梅も見られました。

特に南に面した斜面の梅の咲き具合が綺麗です。眼下に千波湖も見下ろせます。

■偕楽園にある正岡子規の句碑

南側の傾斜に咲く梅を眺めていると、ふと句碑が目に入ります。なんと正岡子規の句碑でした。今まで幾度となく訪れているのに気づきませんでした。

「崖急に梅ことごとく斜なり」

解説によると、明治二十二年(1889年)に正岡子規がここを訪れた時に読んだ句だそうです。

急な崖の地形に合わせて斜めになりながらも、懸命に美しく咲いている梅の花を見た作者の思いが伝わってきます。

静かな偕楽園で正岡子規の俳句を味わう良い時間を過ごすことができました。お越しの際は是非足を止めてご覧になってください。

■まとめ

梅まつり開園前の静かな水戸偕楽園の様子をお伝えしました。早くコロナが収束に向かって県外の方にもまた偕楽園の魅力を楽しんで欲しいものです。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)