健康

新常識!ファットバーニングの食事術

「超一流の食事術」を読みました。 衝撃的で、とても参考になる内容だったので まとめておきます。

■「超一流の食事術」に見る健康、長寿の2つの秘訣とは

・「砂糖」を控えること

・「良いアブラ」を積極的に摂ること

と著者は主張します。

内容は、著者自身の体験談と、何万人に及ぼ著者のクライアントの体験 から基づいた方法論です。

 ■シュガーバーニングをファットバーニングにする必要性

著者によると、 人類の歴史400万年のうち

・穀物の糖質からエネルギーを摂る(シュガーバーニング):現在に至る約1万年

・脂質からエネルギーを摂る(ファットバーニング)   :それ以前の399万年 と言っています。

もう1つ、エネルギー源を燃料タンクに例えると

・脂質のタンク約4万kcal  > 糖質のタンク約2000kcal

だそうです。脂質のタンクの方が20倍の容量があります。

北極やカナダ北部で暮らすイヌイットの人たちは 今でも、脂質中心の食生活を送っています。

他の国の人々に比べて、 心臓病、脳血管障害、がんの発生率が飛び抜けて低いとのこと。

 ■ファットバーニングのメリットとシュガーバーニングのデメリットとは

ファットバーニングには以下のメリットがあります。

・「インスリンのスパーク」が起きない。  血糖値が安定する

・脳の機能も安定し、集中力が高まる

一方糖質の摂りすぎのデメリットは

・たんぱく質とくっついて熱が加えられると AGE(終末糖化産物)ができて、細胞を攻撃し、炎症を引き起こす

→動脈硬化、コレステロール値上昇、などあらゆる病気の引き金となることです。

 ■良いアブラ、と悪いアブラとは

本に述べられている、良いアブラと悪いアブラを表にまとめました。

良いアブラは炎症を防ぐそうです。

著者の推奨する摂りかたは以下です。

 ■著者について

著者は、アイザック・H・ジョーンズ博士です。自身のホームページから

ジョーンズ博士は、 グローバルに活躍する ヘルス&ウェルネスコンサルタント (コンシェルジュ)であり、 アントレプレナー(起業家)でもあります。

世界中のアントレプレナーとエグゼクティブの ヒューマンパフォーマンスを最高なものにする ことを

ミッションとして、 クライアントにカスタムメイドの健康戦略を コンサルテーションしています。

 ■まとめ

トランス脂肪酸の入った食品を控えて、 良いアブラを摂ることは、健康を長く保つ上で必要なことと認識しました。

興味がある方はトライしてみてはいかがでしょうか。

私は始めてみました。

[amazonjs asin=”B01FDD3OQK” locale=”JP” title=”世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術”]

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。