プラハでの失敗と忘れられない親切

国内でも外国でも、見知らぬ方からいただいた親切はずっと記憶に残るものですね。

旅先の出会い、ふれあいは、旅の楽しみを倍増します。

■プラハでの失敗

2016年の初秋にプラハを訪れた時のことです。

国立歌劇場の近くに宿をとり、開演30分前には着く時間をみはからって、

徒歩で会場へと向かいました。

少し足を進めると、道路を挟んで真向いに19世紀に建てられたという

壮観な美しい建物が真ん前にそびえ立っています。

ふと、異変に気づきました、開演30分前だというのに、入口付近の人影が数える程です。

一抹の不安をかかえたまま、横断歩道を小走りに渡ってみると、

タキシードに身を包んだ30代ぐらいの紳士が2人、困惑した表情をしています。

英語でどうしたんですかと話かけてみたら、我々夫婦と同様に会場を間違えたと

綺麗な英語で答えてくれました。

どうも地元の人じゃなさそうです。

■忘れられない親切

「ここじゃなくて、『国民劇場』のようです。

よかったら、今車を呼ぶので、いっしょに乗っていきますか?」

となんともご親切なお言葉。

「ありがとうございます。そうさせていただきます」と答えて待っていると

タクシーかなと思ったら、なんと話題のUBERでした。

日本では馴染みがないですが、米国の他チェコにもあったんですね。

iPhone画面を見せてくれて、「今この辺だからあと数分で着きそうです。」

おおー、今どこにいるかが一目瞭然で便利。と感心してると車が到着。

そそくさと乗り込んで、話をしたら、

お2人とも米国カリフォルニア州から旅行でプラハに来てるとのこと。

そうこうしてると5分程度で目的地に到着。

やれやれ、と会場のドアを開けて、係りの若い女性に

今日の演目ヴェルディ作曲「ナブッコ」のチケットを提示しました。

すると、この演目はここではなく、「カーリン劇場」ですよ

とのお言葉に、2度びっくり。

UBERの車は行ってしまった後です。

劇場入口近くに停車していたタクシーで、その2人のアメリカ人と再び乗り込んで、

カーリン劇場へ。

時計を見ると間もなく開演時間。やば、始まっちゃう。

10分程度かかりましたが、すごく長い時間に感じました。

お2人に感謝して別れを告げ、席に着きました。

10分ほど遅れてしまい、序曲は聞けませんでしたが、オペラを充分堪能しました。

それにプラスして、心がほんわかと温まりましました。

日本ではコンサートホールはあまたあれど、オペラ劇場は、

大都市東京でも数えるほどしかありませんから。

まさか人口125万人ほどのプラハに4つもオペラ劇場があるとは、

日本の常識が通用しないことと、

こちらではオペラが市民に根差した文化であることを学びました。

調べてみると、「国立歌劇場」以外にも「国民劇場」、「エステート劇場」、

「カーリンミュージックシアター」があるようです。

自らの事前確認不足の失敗から、かえって忘れられない体験ができラッキーでした。

■旅先での出会い

旅先での出会いや触れ合いは、とっても素敵な思い出として記憶にとどまってくれます。

他にも、今でも思い出すのは、

その次の日の夜、プラハのレストランで

となりの席のご婦人に地下鉄の駅の方向を聞いた時です。

歩いてもすぐだからと、わざわざホテルまでいっしょにエスコートしてくれて、

20分程度歩きながらお互いの話をしたこと。

今年の7月にヴェローナのB&Bで、ベルリンから来たという40代のご夫婦と

朝食を共にしながらお話をしたこと。

ローマのあるホテルでワインテイスティングサービスに参加して出会った

フィンランドからこられたIT企業の50代の男性と

話込んでしまったこと。などなど。

やはり最も印象深いのは、どこの馬の骨ともわからない私たちに対して、

親切にしていただいた経験です。

こんな時英語は欧州圏でもほぼ通じるので便利です。

ある程度話せないと不安という方も、会話は無理と思ってらっしゃる方も、

旅の楽しみが増えることをモチベーションにして、

簡単な日常会話にトライしてみてはいかがでしょう。

旅先でいただいたご親切は、いつか日本を旅する外国の方にお返ししたいものです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)