スマート機器とIT技術

マイクロソフトリモートデスクトップで自宅のMacからスクリーンショットする方法

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

リモートワークが一般的になってきましたが、職場のWindowsPCでの資料作成などにスクリーンショット(スクリーンキャプチャ)がしたいけど、自宅がMacの場合どうすればいいのか悩むことはないですか?

この記事ではそんな疑問にお答えします。

職場PCがWindows10で、自宅PCがMacでマイクロソフトリモートディスクトップを使用している場合の方法を紹介します。

■Windowsと自宅Macでのスクリーンキャプチャの方法とリモートでの問題点

職場ではWindowsPCなので、PrintScreenキーを押せば全画面がスクショできますし、[Alt]+[PrintScreen]キーを押せば、キャプチャ範囲を選んでスクショできます。

Windowsキー+Shift+Sキーでもキャプチャ範囲を選んでスクショする方法もありますね。

ところがリモートワークで自宅でMacを使っている場合にはキー配列も異なるし、そもそもWindowsキーや、PrintScreenキーもありません。

普通にシフト+Command + 数字の4キーでやろうとすると、自宅PCのハードディスクにスクショした画像が保存されてしまいます。

こんな時はどうしたらいいのでしょう?解決策を紹介します。

■マイクロソフトリモートデスクトップで自宅のMacからスクリーンショットする方法

答えはWindows10に標準に備わっているアプリの「切り取り&スケッチ」を使うことです。このアプリはWindows10 version1703以降に導入されています。

以下手順を説明します。

1)Windowsキーを押してアプリをクリック
2)「新規」のプルダウンから「今すぐクリック」「3秒後にクリック」「10秒後にクリック」のいずれかを選ぶ
3)職場PCのクリップボードにコピーされているので、そのまま使いたい資料にペーストする

Windowsキーを押すとアプリの一覧が出ますので、その中から「切り取り&スケッチ」を選びます。

マイクロソフトリモートディスクトップで自宅のMacからスクリーンショットする方法

そこからプルダウンメニューから「今すぐ切り取り」を選び、切り取りたい画面の範囲を選択すると、右下の様にアプリ内に切り取った部分が表示されます。

マイクロソフトリモートディスクトップで自宅のMacからスクリーンショットする方法

同時にクリップボードにも保存されているので、アプリの貼り付けた場所にペーストできます。パワーポイントの例がこちらです。

マイクロソフトリモートディスクトップで自宅のMacからスクリーンショットする方法

■リモートデスクトップでのフルスクリーン画面の瞬時切り替え方法

もう1つMacでリモートワークしていてわかったことがあります。

職場のWindowsのリモート画面のフルスクリーンから、自宅Macの画面に切り替えたい場合の方法です。

今まではRDPアプリのwindowsのプルダウンメニューからフルスクリーンモードを解除してました。それよりも簡単な方法は、

Macのマウスを2本指で横にスワイプすることでそれが可能です。

これは知っておくと便利です。まだやったことのない方は試してみて下さい。

■まとめ

マイクロソフトリモートデスクトップで自宅のMacからスクリーンショットする方法と、リモートと自宅Mac画面を瞬時に切り替える方法を紹介しました。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)