スマート機器とIT技術

オフィスでWindows、家では Macでテレワーク時のIME変換とキーボード配列の課題解決方法

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

緊急事態宣言が首都圏以外にもまた広がって、テレワークを再開している方も多いのではないでしょうか?

普段オフィスではWindowsを使っていて、家では Macを使ってリモートデスクトップ接続しているケースもあるかと思います。

そんな時、Macのキーボードで普通に Windows10 上で作業しようとすると、全角ひらがなと英数のIME切り替えや、キーボード配列が異なって困ることはないですか?

この記事では、IMEの切り替えをいちいちマウスを使わずにキーボードで実施する方法と、キーボード配列がどう違うのかの解決方法を解説します。

■テレワークでWindows職場環境で自宅でMacのキーボードを使う時の問題解決1:IME切り替え

まず気になったのが、WindowsのIME変換の全角ひらがなと半角英数字キーの切り替えです。オフィスのWindows上では、ひらがなキーと英数字のキーを押すだけで切り替わったのですが、自宅のMacのキーボードでは反応しませんでした。

前回のテレワークの時には切り替わっていたような気がしたのですが、また再開した時にうまくいかず、しかたがないので、マウスでカーソルを右下の「A」の文字か「あ」の文字に持ってきて切り替えていました。

とても作業性が悪いので、やり方を調べて改善しました。

手順は簡単で

①IMEの設定で「キーの割り当て」をオンにする
②好みのキーで「IME-オン/オフ」を割り当てる

まずはIMEの設定を選びます。

「キーの割り当て」をオンにしてから、MacとWindowsで共通する Shift + Spaceに割り当てました。

まずはこれで解決。

こうすることで、キーボードで切り替えができるようになります。ずっと楽になりました。

続いて、キー配列の違いについてです。

■テレワークでWindows職場環境で自宅でMacのキーボードを使う時の問題解決2:キーボード配列の違い

このキーボードの配列の違いがあるのは困ります。例えば、アポストロフィー「’」はMacのキーボード配列だとシフト+数字の7のところなのですが、出てきません。

別の「&」が出てきてしまいます。

ネットで検索しても、どのWindowsキーがどのMacのキーに対応するかわからなかったので、実際に自分で実験してみることにしました。

その結果わかったことを図にまとめました。

上の図では、キー配列の文字の上段がシフトを押した場合、下段がそのままの場合です。かなり異なっていることがわかります。

気になっていたアポストロフィー「’」は、Macのキーで「:」であることがわかりました。覚えるのは大変なので、プリントするか、PCですぐ見れる様にして、必要に応じて参照するつもりです。

■まとめ

普段オフィスではWindows、家では Macを使ってリモートデスクトップ接続してテレワークする時、IME変換やキーボード配列の違いの問題解決方法をまとめました。

参考になれば嬉しいです。

ホットクックの離乳食レシピが本になりました。アンリミテッドだと無料で読めます。

アンリミテッドは30日間無料で登録できます。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)