クッキング

ホットクックで作るハマグリとパンチェッタのボンゴレレシピ

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代と子育て世代を応援する、こうちゃんです。

潮干狩りで採れたハマグリでリピートメニューのボンゴレを作りました。今回はパンチェッタとバジルをいれたアレンジです。

パンチェッタとは豚バラ肉の塩漬けのことです。作り方はこちらの記事を参照ください。

■ホットクックで作るハマグリとパンチェッタのボンゴレの材料

【材料(2人分)】
・ハマグリ:400g(身の部分80g)
・ニンニク 1片:5g (みじん切り)
・鷹の爪 2本 :1g (みじん切り)
・パンチェッタ :50g (塩分 1.5g)
・オリーブオイル:40g
・パスタ    :200g (茹でた後500g)
・パスタのゆで汁:50g
・塩      :全体重量の0.6%
・バジルの葉 3枚:分量外

塩分は通常全体重量の0.6%で計算しますが、今回全体重量726×0.006=4.4gとなり、ハマグリとパンチェッタの塩分合計が3.1gなので、塩は0.7gです。

こちらが材料の写真です。

続いてレシピです。

■ホットクックで作るハマグリとパンチェッタのボンゴレのレシピ

【レシピ】
・ニンニクと鷹の爪とパンチェッタの細切りをオリーブオイルの1/4を加えて
 手動>炒める>3分
・炒め終わったら、ワインとハマグリを加えて
 手動>蒸す>5分
ハマグリの口の開きがまだ不十分な場合は必要に応じて数分延長
 この間別の鍋でパスタを表示時間より1分少ない時間でゆでておく
・蓋を開けて煮詰めるにして、1分ほどアルコール分を抜く
・お湯を切ったパスタと、バジルの千切りの半分程度、ゆで汁、オリーブオイルの残り3/4を加えて乳化するまでよく混ぜる。

皿に盛り付けて、残りのバジルの千切りをトッピングして完成です。

こちらが、ニンニク、鷹の爪とパンチェッタを炒めて、ハマグリを入れてワイン蒸しにしたところです。

茹で上がったパスタを入れ、バジルの半分とオリーブオイルの残りとパスタの茹で汁を加えてよく混ぜたところです。

■ハマグリとパンチェッタのボンゴレの出来上がりと味

こちらが盛り付けたところです。バジルの残りをトッピングしています。

パンチェッタとハマグリの塩味は思ったよりも、まろやかで丁度良く、プリプリしたハマグリの食感と風味にパンチェッタの味とバジル風味がブレンドされて、豊かな気持ちになりました。

■まとめ

ホットクックで作るハマグリとパンチェッタのボンゴレのレシピを紹介しました。
ベーコンでも代用できますが、自家製パンチェッタは保存料フリーで、最近わかってきた加工食品に含まれて、健康に悪影響のあるリン酸が含まれていないので安心です。

離乳食に続き、幼児食のレシピも本になりました。アンリミテッドだと無料で読めます。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

22人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)