クッキング

ホットクックでつくるハマグリとトマトとバジルのボンゴレレシピ

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

潮干狩りで採れたハマグリでリピートメニューのボンゴレを作りました。今回は完熟トマトとバジルをいれて少しアレンジをしました。

この記事では調理家電のホットクックを使ったボンゴレレシピを紹介します。材料をすこし変えるとまた違った味わいでとても美味しいです。

■ハマグリのボンゴレの材料

【材料(2人分)】
・ハマグリ    :400g(身の部分は約80g)
・ニンニク 1片  : 9g
・白ワイン     :50g
・パスタを茹でたお湯 :40g
・生バジル     :6g
・オリーブオイル :40g
・パスタ  :200g(ゆでると500g)
・たかの爪 :2本 4gほど
・塩  :全体重量の0.6% からハマグリの塩分2.0gx80/100=1.6g
 (今回は6.1-1.6=4.5g)

ハマグリはスーパーで手に入るものでも、あさりでももちろんOKです。

今回はたまたま家庭菜園で種植えしたバジルが育ってきて、間引きするタイミングだったので、間引きしてまだ芽が出たばかりのものを活用しました。

こちらが材料の写真です。

続いてレシピです、

■ハマグリのボンゴレのレシピ

【レシピ】
・最初にみじん切りにしたニンニクとオリーブオイルの半分とたかの爪を入れて
 手動>炒める>1分にセットしスタートスイッチをオン
・次にハマグリをワイン蒸しにします。
 ハマグリとワインを内鍋に入れて
 手動>蒸す>2分にセットしスタートスイッチをオン
・蒸し上がったらワインのアルコール分を飛ばすために
 手動>煮詰める>5分にセットスタートスイッチをオンし蓋をあける
 (前回は2分でしたが、トマトを入れたので5分にしました)
・パスタを指定の時間より2分少なくした時間でゆでておく
・時間が経過したら、パスタとゆで汁とオリーブオイル残り、塩、パセリの残りをくわえて混ぜたらできあがり

こちらが、ニンニクとパセリとたかの爪を炒めてから、ハマグリを入れて蒸すところ。

こちらが蒸したハマグリにトマトを入れて蓋をあけて5分煮詰めたところ(中央)とオリーブオイル、茹で汁、バジル、アルデンテ気味のパスタを加えて混ぜるところです(右)。

■ハマグリのボンゴレの出来上がりと味

こちらが出来上がって盛り付けたところです。

ハマグリとトマトの相性も抜群で、さらにバジルの風味がほのかに出ていて美味しい味に仕上がりました。

ただトマトから水分がでるので、茹で汁は半分の20gほどに少なくするか無くても良いかもしれません。

■まとめ

ハマグリを使ったリピートメニューのボンゴレのレシピを紹介しました。トマトとバジルを使ってアレンジを変えても違った美味しさを味わえるのでおすすめです。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)