家庭菜園

プランター栽培のバジルを間引きする方法と植え替えせずに食べる方が良い理由

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

初めてバジルを種植えからプランターで育てると、間引きの方法やタイミングについてよくわからないですね。

今回2シーズン目に入って少し慣れてきたので、その方法と植え替えせずに食べる方が良い理由について紹介します。

■プランター栽培のバジルの間引き方法

2021年にプランターに種植えしたバジルも、6日ほどで発芽しその後順調に育ってきました。

発芽の様子はこちらの記事を参照ください。今回は発芽した芽がかなり密集してきたので、間引きをしました。

こちらが間引き前の様子です。前回と異なるのは、防虫ネットを施したところです。

間引きの方法は、専門の方のサイトを参照して、成長の遅い苗をハサミでカットして、成長の早い苗を残しました。

こちらがBeforeとAfterです。

だいぶスッキリしました。

密集しているところから、間引きした方がよさそうな苗をえらんで、残した苗が数cm間隔になるようにカットしました。

間引きはさらに葉が育ったら2回目を実施するのが良いと言われています。その時は10cm間隔になるように実施するとのことです。

害虫被害に気を付けながら、2回目の間引きまで成長を見守っていきます。

■プランター栽培の間引きしたら植え替えせずに食べる方が良い理由

別のプランターに移すことも可能ですが、植え替えをしなかった理由は、根が傷つくと成長しないリスクがあるからです。

さらに2回目の間引きも実施する予定なので、その時にも植え替えのチャンスはありそうですが、今回はカットしたものを捨てるのはもったいないので、料理に使いました。

こちらが間引きのためにカットしたバジルです。

ハマグリのボンゴレに間引きしたバジルの小さな葉をちょうどようタイミングで使うことができました。

ほのかなバジルの風味がして、ボンゴレの味を引き立ててくれました。

■プランター栽培のバジルの間引きの効果

間引きして2日しか経過していないのに、このように葉が大きく育っています。

間引きしたことで、成長の早い苗により栄養が行き渡ってこのような効果が表れたものと思われます。

それにしても葉の成長スピードには驚きました。また近い内に間引きが必要です。

■まとめ

プランター栽培のバジルを間引きする方法と、その後の成長の様子、また植え替えせずに食べる方が良い理由について紹介しました。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)