クッキング

ホームベーカリーの手動生地メニューを活用した米粉パンの作り方

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食・幼児食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代と子育て世代を応援する、こうちゃんです。

自家製米粉パンをふっくらとした仕上がりで作りたいと思ってもなかなうまくいかないことはないですか?

私もそうでした。米粉パンは小麦のパンを作る時と違ってちょっとしたコツがあります。今回3度目の挑戦で、うまく作ることができましたので、作り方を紹介します。

■ホームベーカリーの手動生地メニューを活用した米粉パンの材料

【材料】
・米粉(ミズホチカラ):200g
・砂糖:10g
・ドライースト:4g
・塩:3g
・ぬるま湯:170g 温度は40℃
・植物油(アマニ油):10g

小麦の場合は、水はミネラルウォーターを使ってしかも5℃ぐらいの冷水でしたが、米粉の場合は40℃の水道水のぬるま湯を使うのがコツです。米粉は熊本産のミズホチカラを使いました。

米粉パンの材料

■ホームベーカリーの手動生地メニューを活用した米粉パンの作り方

【作り方】
・ホームベーカリーの容器に材料を入れて
 手動>ねり>5分にセット
・パンの型に生地を入れてラップで包み
 オーブンの手動発酵メニューで
  35℃で30分
・オーブンを予熱して160℃15分+200℃15分
この時アルミホイルで包む。
・アルミホイルを外して、200℃15分

ホームベーカリーの容器に入れて5分の練りが終わってからヘラで数分かき混ぜました。

すこし混ざってない部分があったからです。
5分よりも数分長めにするか、8分スピード生地メニューを使っても良かったのかもしれません。

出来上がりはかなりゆるめの状態ですが、気にせずに、そのままパンの型に取り出しやすいようにクッキングシートを入れてから流し込みます。

ホームベーカリーの手動生地メニューを活用した米粉パンの作り方

ヘルシオオーブンの手動メニューに、発酵があるので、35℃30分にセットして、生地を流した型にラップをかけたものを入れてスイッチを押します。こちらが、発酵が完了したところです。約2倍ぐらいに膨らんでいます。

ホームベーカリーの手動生地メニューを活用した米粉パンの作り方

いよいよ焼き上げです。

ラップを外して、耐熱性のあるアルミホイルをかぶせます。ここでも水分が逃げないようにするためです。
160℃15分にセットして処理した後、200℃15分にセットして処理します。

最後に焼き色を付けるために、アルミホイルを外して、もう一度200℃15分で焼きあげて完成です。このとき水分が逃げないのか気になりましたが、一旦200℃で焼いているので逃げにくいため大丈夫です。

こちらが焼きあがった状態。綺麗な焼き色がついていました。

ホームベーカリーの手動生地メニューを活用した米粉パンの作り方

■ホームベーカリーの手動生地メニューを活用した米粉パンの出来上がりと味

こちらが出来上がって皿に盛り付けた状態です。

■ホームベーカリーの手動生地メニューを活用した米粉パンの出来上がりと味

カットしてみたところです。右の写真は次の日にヘルシオで焼いたところ。

■ホームベーカリーの手動生地メニューを活用した米粉パンの出来上がりと味

翌日にカットしてヘルシオオーブンで焼いたものも、ふわふわ感を保ち、味も美味しくできて、米粉パンならではの淡泊で少し甘さのある味を楽しめました。

■まとめ

ホームベーカリーのねり機能を使った米粉パンを作ってうまく出来たので、作り方をまとめました。添加物フリー、グルテンフリーです。

ぜひお試しください。

オーディブルを使うとクッキングしながら耳で本が読めます。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

22人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)