英語力アップ

あなたにもできる、Kindleアプリでシャドーイングによる英語学習

最近初めてシャドーイングと言うものに挑戦して、そのメリットを実感しました。

■Kindleアプリを使ったシャドーイングの4つのメリット

①単なるリスニングよりも内容に集中できるので、理解度アップ

②リスニングとリーディングの能力アップ

③ウォーキングなどをしながら外でもすきま時間を活用できる。

④自分に合ったリスニングスピードを調整できる

■シャドーイングとは

同時通訳の方がよく使う英語学習法の1つです。

Wikipediaによると、

「シャドーイングとは、(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱する実験技術である。」

とあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/シャドーイング

同時通訳になることを目指しているわけではないので、そこまでの必要性を感じていませんでした。

こんな早い英文を聞いた側から、英語でそのまま反芻するなんて、超人的だなどと

最初は思い敬遠していました。

ところが、iPhoneアプリを使って、私でも何とかできることを体感しました。

英文のスピードを調整できるからです。

しかも、ただ聞き流すより集中してリスニングできます。

■読み上げ機能セットアップ(iPhone)

前準備として

読み上げ機能のセットアップ

1)「設定」を開く

2)一般を選ぶ

3)アクセシビリティを選ぶ

4)「画面の読み上げ」をオンにする

 

これでセットアップ完了です。

■kindleアプリ導入

1)キンドルフリーアプリを導入

2)自分のレベルに合わせた洋書をアマゾンから購入

3)2本の指でスワイプして開始

4)スピード調整は亀の子マークでゆっくり、うさぎマークではやくと調整可能

聴きながら、その通りに繰り返してしゃべってみる。

聞いた英文を紙に書くのがディクテーションですね。

紙のに書く代わりに、言葉にしてディクテーションするイメージです。

わからない単語が来ても気にせずスルーして、わかる単語だけ喋ることでOKです。

聞き取れなかった単語は後で確認しておくと良いでしょう。

今まで、ウォーキングしながら、読み上げ機能でリスニングをずっと続けていました。

人間はいろいろなものが目に入ってきたり、他のことを考え出すと

聞いてる英文から注意がそれてしまいます。

それは、聞いていないのと同じ状態になってしまうことに気づきました。

■まとめ

シャドーイングをすると、ヒアリングの集中力が否応無しにアップ。

しかもそれを言葉にするので、単なるヒアリングより

聞いた英文を言葉にするため、脳がより活性化します。

より学習効果が期待できそうです。

外で行う場合は、集中しすぎて事故など起こさ起こさないよう、

くれぐれも注意が必要です。運転中とかはおすすめしません。

そこは自己責任責任でお願いします。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)