本からの学び

読書メモ:自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ夫妻著の本です。

これは、今年読んだ本の中で間違いなくトップ3内に位置するぐらい、面白い本でした。

どこが面白いかというと、実践すれば、本当に夢が叶う気にさせてくれるからです。

ポイントは、人が誰でも持っている、RAS (Reticular Activating System) 網様体賦活系です。

と、何やら難しそうな名前ですが、哺乳類の脳幹にある「網様体」という神経の集まりで、

生命活動を維持する働きを持つそうです。

望むことだけを考えて、RASをプログラミングすることで、夢が実現できるという話を

実例と体験談を交えて書かれています。

意志の力ではなく、いかにRASに働きかけるかによって決まるという話と、

具体的な手順が述べられています。

忘備録として、まとめておきます。

■夢を実現するための手順

才能うんぬんより、達成までの道のりをどう計画し、どう進めるかで決まると筆者は述べています。

【ステップ1】紙に書く:RASが稼働し、答えを探し始める。タイプより手書きが良い。

自分が心から情熱を注ぎこめることを見つけて書く。

Aリスト(期限付きで、達成できると思えること。ダメだったらまた書き換える)

Bリスト(大事だけれど、少し考える時間を要するもの)

Cリスト(挑戦したいけど、わからないことが多いもの)に分類し、順に番号をつける。

【ステップ2】小さく切り分けて期限をきる

【ステップ3】責任をとる :人のせいや環境のせいにしないで、自分の責任と考える

【ステップ4】アフォアメーション(自己暗示)と視覚化を活用する

・自分を否定せず、視覚化して、いつもやりたいことリストを目にするところに置いておく。

【ステップ5】新しい習慣を身につける

【ステップ6】他人の言葉や扱いを気にせず意志を貫く 聞く耳は持ちつつ、自分の主張は通す

【ステップ7】恐怖や不安は当たり前のこととして受け入れる

悲劇が起こっても、必ず立ち上がるとあらかじめ決心する。

【ステップ8】数のゲームを楽しむ: 目標を数値化と日々の記録

【ステップ9】自分の本当の人生を取り戻す: 誰かの押し付けでなく、自分の決めたことをしていく

【ステップ10】あきらめない: やめたくなったらリストを見直し、目指すところとやりたいことを考える

■行動に落としたいポイント

同様の紙に書いて、自己暗示的な目標達成法の本はこれまでもいくつか読みました。

脳科学の見地から、やりたいことをはっきりさせて、紙に書き、RASを刺激することが

成功者の秘訣だったという点は説得力を感じました。

まずは、ステップに沿って行動してみたくなりました。

本文には、体験談と実例も豊富で引き込まれます。

[amazonjs asin=”476313552X” locale=”JP” title=”自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング”]

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)