スマート機器とIT技術

知ってると超便利!GoogleChromeのWeb翻訳で海外Webサイトをサクサク読む方法

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

PCのブラウザーはどれをお使いでしょうか?

WindowsだったらMicrosoft Explorer、 Macだったら、Safari、どちらでも使えるGoogle Chromeをお使いの方もいらっしゃるでしょう。

Google Chromeには、海外のWebサイトを一瞬で翻訳してくれる機能があるのをご存知でしょうか?

私は今年になってから知ったので、この記事ではまだその機能は使ったことがない方のために、そのやり方と適用例をご紹介します。

知っておくととても便利です。

■各国のGoogle.comに飛ぶ方法

まず、各国のGoogleサイトに飛ぶ方法ですが、こちらが参考になります。

https://ischool.co.jp/2017-07-09/

アメリカ・・・https://www.google.com/webhp?gl=us&hl=en&pws=0&gws_rd=cr

イギリス・・・https://www.google.com/webhp?gl=uk&hl=en&pws=0&gws_rd=cr

フランス・・・https://www.google.com/webhp?gl=fr&hl=fr&pws=0&gws_rd=cr

ドイツ・・・https://www.google.com/webhp?gl=de&hl=de&pws=0&gws_rd=cr

スペイン・・・https://www.google.com/webhp?gl=es&hl=es&pws=0&gws_rd=cr

ロシア・・・https://www.google.com/webhp?gl=ru&hl=ru&pws=0&gws_rd=cr

中国・・・https://www.google.com/webhp?gl=cn&hl=zh&pws=0&gws_rd=cr

ここに載ってなくて、見てみたい国のサイトにイタリアがありましたので、

作っておきました。

上記のウェブサイトをコピペして、

言語→it  、地域→itにするだけです。

イタリアはここです:

よく使う国のサイトはブックマークをお勧めします。

ちなみに私は、フランス、イタリア、スペイン、ドイツをブックマークしておきました。

■Google ChromeのWeb翻訳機能の使い方 (PC)

では各国のGoogleサイトに行って、Google ChromeのWeb翻訳機能を活用する方法です。

GoogleChromeのブラウザを開いたら以下の手順で実施します。

1.検索したいワードを日本語で決める

2.Google翻訳でその国の言語に翻訳する

3.その国のGoogleサイトを表示して、検索ワードを現地の言葉で入れてググる

4.  マウスをウェブのページの任意の場所で右クリックして、「日本語に翻訳」を選ぶ

5.  見たいページを選ぶ。

これだけです。

尚、マックのマウスで右クリックを設定する方法は、こちらを参照ください。

safariやMicrosoft Explorerにはない機能です。記事毎に「翻訳結果を表示する」というボタンが表示されますが、スピードが遅いです。

■実際使ってみた例

では、実際使ってみたところをご紹介します。

フランスのGoogleサイトで、フレンチレストランを検索してみます。フレンチレストランのフランス語訳は Restaurant françaisになりました。

これを右下のコピペボタンをおして、Googleのフランスサイトに行き、ペーストしてググるとこのようになります。

パリのフレンチレストランが知りたいので、パリを選ぶと、検索結果はこのようになりました。

ここで、威力を発揮するのがGoogleChromeの翻訳機能です。

マウスを右クリクすると、プルダウンメニューが現れます。

そこで、「日本語に翻訳(T)」というところを選ぶだけです。もとの原文表示に戻るには、この状態で「原文のページを表示」を押すか、上の左にあるアイコンを押せば戻ります。

そのまま「日本語に翻訳(T)」を選ぶと、このように即、日本語化されます。

その中で「パリで人気のフレンチレストラン10軒-LaFourchette」を選んで見ると、

このように、こちらも日本語化されて表示されます。便利ですね。

もう1つ試してみましょう。今度はイタリアです。

クックパッドは飽きたので、イタリア料理のレシピを、現地の本格サイトで見てみたいと思いませんか?

まずは、Google翻訳で「イタリア料理レシピ」と入れて見ます。

イタリア語の翻訳結果をコピペして、イタリアのGoogleサイトに入力します。

あとはフランスサイトと同様にすれば、検索結果も日本語表示されました。

ためしに、上から2番めの「料理レシピ-イタリア料理」をクリックしてみると。

このように翻訳されたサイトが表示されます。美味しそうな料理のイタリア本場ののレシピが見れます。

■スマホの場合

iPhoneのGoogleChromeアプリの場合は、少しPCとやり方が異なります。

GoogleChromeの画面の左上の三本線をタッチして、以下の様に最初に言語の設定をしておくことで、うまくいきました。

■まとめ

気軽に英語以外でも、海外のサイトを検索できるGoogleChromeブラウザーの使い方をご紹介しました。

サイトがまるまる翻訳されるので、いちいちコピペしながら意味を調べる手間が省けるので、とても便利です。

ご参考になれば幸いです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)