ブログブラッシュアップ

キーワード選定にubersuggestとキーワードプランナー無料版を併用した使い方

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

キーワードの検索数を無料のツールで調べたるツールにキーワードプランナーがあります。

これはこれで便利なのですが、無料版は検索数が1000から1万とか、ざっくりとした数値で表示されます。

もう少し正確な数値が知りたいけど、有料にするのはどうも….。そんな方には、Ubersuggest無料版との併用がおすすめです。

この記事では、Ubersuggestとキーワードプランナー併用する使い方を紹介します。

より正確な検索ボリューム数を知ってから、上位のキーワードを使っていくことで、従来よりも検索されやすくなることが期待できます。

■ubersuggestとキーワードプランナー無料版をどう併用したらいいのか

「ubersuggest」という1つのキーワードでキーワードプランナーで検索した結果がこちらです。

「ubersuggest」の検索ボリュームが 1万〜10万

「ubersuggest 使い方」の検索ボリュームが100〜1000となっていて、ざっくりとした数字です。

これをubersuggestで検索してみるとこうなりました。

キーワードプランナで1万〜10万が9,900、100〜1000が390とより具体的な検索ボリュームの数字がわかりました。

この記事では、キーワードプランナーの併用について書くことにしたので、「キーワードプランナー」も追加で検索してみた結果がこちらです。

そうすると、グーグルキーワードプランナーより、キーワードプランナーの方がボリュームが大きいこと、それと1000〜1万のボリュームがあるキーワードがわかります。

ubersuggestでこちらも同様に検索してみると:

グーグルキーワードプランナ1000〜1万→1900

キーワードプランナーの1万〜10万→40,500

という感じでより正確に検索ボリュームの数値がわかりました。

そこで、この結果をどう活用したかというと、検索ボリュームの多いキーワードを、タイトルに入れました。

さらに「キーワード候補を全て見る」のボタンを押してみると以下のような画面になって22のサジェストキーワードが出てきました。

うまく使えると便利そうです。

■ubersuggestの無料版の限界について

併用することで、キーワードプランナーで目星をつけておいて、そのキーワードの検索ボリュームの数値をubersuggestで確認ができることがわかりました。

とは言え、無料版の限界があって、ubersuggestでは、24時間以内にクリックできる回数が3回から5回ぐらいかに制限されています(2020年7月1日現在)

それを超えるとこういう画面になって、有料にするか24時間後にまた試すかになってしまいます。

なので、より細かくロングテールキーワードと呼ばれるものの検索数とかを調べる場合には限界もあります。

その場合は有料版に頼るしかなさそうです。

■まとめ

キーワード選定のツールとして、無料版のキーワードプランナーと無料版ubersuggestを併用することで、ある程度目星をつけたキーワードの検索ボリュームを確認できることを紹介しました。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)