クッキング

​​ホットクックで幼児食:​​小松菜入り親子丼

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代と子育て世代を応援する、こうちゃんです。

ホットクックで幼児食シリーズ、​​今回は親子丼です。親子丼といってもご飯は別に作っていただいて、上にかける具の部分の作り方を紹介します。

​​ホットクックでお手軽に作れるのでおすすめです。三つ葉の代わりに小松菜を使いました冷凍保存できるのでご飯の上にかけるおかずとしても便利です。

■​​ホットクックで幼児食:​​小松菜入り親子丼の材料

【材料(​​冷凍保存容器1パック+α)】
・鶏もも肉:​​ 200g
・玉ねぎ1/2:100g
・小松菜:50g
・卵2個​​ :95g
・昆布:3g
・水:150cc
・薄口醤油:塩分が全体の0.2パーセント
(今回は12.7g*)
*昆布は塩分を含むのでこちらの計算表で計算しました。

こちらが材料の写真です。

今回からキッチンバサミを導入しました。このように包丁まな板いらずでホットクックの内鍋に直接切りながら材料を入れられるのでとても便利です。

続いてレシピです。

■​​ホットクックで幼児食:​​小松菜入り親子丼の作り方

【作り方】
・卵と小松菜の葉の部分以外(茎の部分のみ)の材料をホットクックの内鍋に入れて
手動>​​ 煮物>混ぜなし> 時間2分にセット
・2分の設定時間が経過したら、 昆布を取り出して、といだ卵2個のうち半分ぐらいの量と小松菜の葉の部分を入れて延長2分加熱
・時間が経過したらといだ卵の残りを入れ、
手動> 煮詰める> 時間3分にセット
蓋を開けて煮詰めて出来上がりです

こちらが卵以外の材料を入れて2分煮詰たところです

こちらが小松菜と研いだ卵の半分を入れて延長、さらに残りの卵を入れて3分に詰め、​​ 出来上がったところです。

■​​ホットクックで幼児食:​​小松菜入り親子丼の出来上がりと味

こちらが冷凍保存容器に盛り付けたところです。

鶏肉も柔らかく煮えて卵がふわっとしていて美味しく仕上がりました

小松菜も親子丼にはよく合います。

■まとめ

ホットクックで作る幼児食メニューとして親子丼を紹介しました。作り置きができてご飯との相性もいいのでおすすめです。

ぜひお試しください。

以上参考になれば嬉しいです。

ホットクックの離乳食レシピが本になりました。アンリミテッドだと無料で読めます。

アンリミテッドは30日間無料で登録できます。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)