クッキング

ホットクックで作ったタコミートとローストビーフでトルティーヤ巻き

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

家で過ごすことが多いと、たまにはいつもと違った料理を食べたくなりますね。

この記事では、手巻き寿司感覚でメキシコ料理のトルティーヤ巻き(ブリトー?)を作りましたので紹介します。

◾️トルティーヤ巻きのメインの具材はタコミートとローストビーフ

この2つのメインの具材はホットクックで作りました。

ローストビーフはホットクックで簡単にできます。

【材料】

・牛肉ブロック   350gほど

・ローズマリー   少々

・オリーブオイル  大さじ1ほど

・塩        全体重量の0.6%

【作りかた】

・牛肉の表面のみフライパンで中火で1、2分程度炒める

・ジップロックに塩とローズマリーを入れる

・ホットクックの内なべにお湯を入れる(65度ぐらい)

・ジップロックの空気をストローで抜く

・手動>発酵>65℃ 30分にセットしてスイッチオン

こんな感じです。

タコミートはタコライスを作った時の残りがあったのでそれを温めました。こちらの記事から材料と作り方を再掲しておきます。

【材料(3人分)】

・ひき肉  180gほど

・トマト中1個 (1cmほどのブロックに切る)

・ピーマン 1個

・レタス (千切り)

・ニンニクひとかけ (みじん切り)

・玉ねぎ 1個 (みじん切り)

・サルサソース 100g (市販のもの塩分0.7g)

・コリアンダー  適量

・オリーブオイル 大さじ2

・ピザ用チーズ  適量

・塩 

(ごはん1人分200gとして全体重量を計算してその0.6%の塩分-サルサソースの塩分0.7g)

【作りかた】

・にんにく、玉ねぎ、ピーマンとオリーブオイルを内鍋にいれ

 手動>炒める>時間3分にセット

・3分の設定時間が経過したら、

 一旦とりけして 手動>煮詰める 時間6分にセット

 ふたを開けて煮詰めることができるので、ピーマン、ひきにく、コリアンダー、塩をいれてへらでかきまぜる

 サルサソースを加えて適当にまぜて一旦できあがり。

トルティーヤは市販のものを使いました。

こちらが写真です。

◾️手巻きトルティーヤの味は

やわらくできたローストビーフのスライスとタコミート、生野菜の組み合わせがとても美味しいです。

トルティーヤをフライパンで焼いたもので包むとタコスになりますね。具材もアボカドとかエビなど色々な組み合わせができそうです。

今回は市販のトルティーヤを使いましたが、次は自家製トルティーヤを作って具材も色々試してみたいと思います。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)