クッキング

ホットクックで作るハマグリの炊き込みご飯

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

潮干狩りで採れたハマグリを使って何か料理を作りたい時に、おすすめの1つが炊き込みご飯です。

この記事では便利な調理家電ホットクックを使ったハマグリの炊き込みご飯のレシピを紹介します。

■ホットクックで作るハマグリの炊き込みご飯の材料

うちのホットクック1.6Lタイプは手動でご飯をたく場合の米の量は3合までになっています。

材料をセットする時に4合と気づきました。気にせずそのまま3合でスイッチを押しましたが、結果は大丈夫でした。

【材料(4人分)】
・米4合 (内餅米1合): 600g
・水  880cc : 880g 
・ハマグリ  : 700g(可食部280g 塩分 5.6g)
・生姜 千切り   : 10g
・料理用酒    :50g
・昆布      :10g (塩分 0.69g)
・薄口醤油     :60g

上記全体重量の0.6%となる分量 
(ハマグリと昆布の塩分を差し引く)

塩分量がポイントです。全体で0.6%になる様に醤油の分量を選びました。

手計算ではできないので、こちらの塩分計算スプレッドシートを用いました。

結果は薄口醤油が60gと計算できました。

材料の写真です。

ホットクックで作るハマグリの炊き込みご飯の材料

続いてレシピです。

■ホットクックで作るはまぐりの炊き込みご飯のレシピ

最初にハマグリを蒸して身を貝と分けます。そのだし汁も使います。

【レシピ】
・料理用酒、生姜、薄口醤油とハマグリを内なべに入れ
 手動>蒸す>3分にセットし、スタートスイッチオン
・貝をとりだし、身をスプーンなどで貝から分離する。
 その時だし汁も常温くらいに冷ましておく
・ホットクックのだし汁が冷めたら水と米を入れ
 その上に昆布とハマグリの身をいれる。
・手動>ごはんをたく>3合にセット
・炊き上がったら、しゃもじで混ぜて数分蒸らす

米は4合使ったのですが、3合の手動セットで結果オーライでした。貝の身を取り出すのに2人で10分ほどかかり、少し手間でしたが、時間をかけた甲斐がありました。

こちらがハマグリを蒸して身を取り出したところです。

ホットクックで作るはまぐりの炊き込みご飯のレシピ

こちらが、内なべに米とハマグリ他の材料を入れたところ(左)と炊き上がったところ(右)です。

ホットクックで作るはまぐりの炊き込みご飯のレシピ

4合でもいい感じに炊き上がりました。

■ホットクックで作るはまぐりの炊き込みご飯の出来上がりと味

こちらが茶碗に盛り付けたところです。

ホットクックで作るはまぐりの炊き込みご飯の出来上がり

味はハマグリの旨味のある出汁がご飯にしっかり染み込んで、塩加減もドンピシャでとても美味しく。普段1膳なのですがお替わりしてしまいました。

海の幸に感謝です。

■まとめ

潮干狩りでたくさん採れたハマグリのおすすめ調理法の1つである、ハマグリの炊き込みご飯のレシピを紹介しました。

ホットクックでなくても普通の炊飯器でももちろんOKです。ぜひお試しください。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)