家庭菜園

2021年ベビーリーフのプランター栽培:レタス高騰!​​こんな時に役に立つ家庭菜園ベビーリーフ

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代と子育て世代を応援する、こうちゃんです。

2021年の8月の日照時間が例年より少なかったため9月になって野菜の値段が急騰していますね。いつもサラダにしてたべるレタスはなんと2倍以上になっていて、家計の負担が気になります。

そんな時ベランダやプランターでも気軽にできるベビーリーフの家庭菜園は緑に癒されるだけでなく家計の助けにもなるのででおすすめです。

この記事では、順調に育っているベビーリーフを収穫してレタスの消費を少なめにできるのでその様子を紹介します。

■2021年9月のレタスの高騰について

まずは今年の8月に日照時間が少なかったせいか野菜が高騰している状況を調べてみました。

こちらに「お値段ノート」というサイトでレタスの値段の推移を見た結果がこちらのグラフです。8月までは一個100円程度だったのが9月に入って200円以上2倍以上に跳ね上がっています。

前年比についても今年は9月に入って前年より高くなっています。

近所のスーパーではなんと300円ぐらいでした。これだとちょっと買うのをためらってしまいます。こんな時に最近ぐんぐんと育ってきたベビーリーフがレタスのピンチヒッターになってくれています。

■夏の終わりに​​種​​植えしたベビーリーフの​​発育状況

こちらが8月末にタネを植えて9月の16日時点のベビーリーフの様子です途中間引きをした効果もあって収穫できるレベルに育っています

早速今朝のサラダはレタスが脇役になってベビーリーフが主役になりました。十分満足のいくサラダになっています。

葉っぱのサイズは6cmを超えていました。

9月に入って途中追加したベビーリーフも発芽して育ってきているので​楽しみです。さらに丸いプランターにルッコラの種植えをしました。

■追加で種​​植えしたルッコラ

​​ルッコラとはベビーリーフの中にも含まれていますが「胡麻風味のするハーブ」と言われるものでイタリア料理に多く使われてます。

寒冷地を除いて一年中種植えが可能なので今から植えても収穫できそうです。こちらの種の袋の裏にその辺の情報が​​​​書かれていました。

新たに種植えを今日したのでネットを施して大事に育てたいと思います。ベビーリーフを育てることについてはこちらの記事を参照下さい。

■まとめ

ベビーリーフを家庭菜園で育てると野菜が高騰した時にサラダの主役として十分役目を果たしてくれることをまとめました

趣味と実益を兼ねたベビーリーフの家庭菜園おすすめです。

 

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

14人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)