クッキング

ホットクックで作る絶品低温調理ローストビーフの最適条件はこれだ!

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代と子育て世代を応援する、こうちゃんです。

お正月のおせち料理の1つとしてローストビーフを作るケースも最近多くなりました。そんな方にホットクックで作れる絶品低温調理ローストビーフの条件を紹介します。

ローストビーフは今まで何度も低温調理で試しましたが、美味しいお店で食べる味にまではイマイチ届きませんでした。

今回ネットでいろいろ調べた条件から良さそうな条件で試してみたところ、お店レベルの柔らかさと旨味を再現することができたので紹介します。

■ホットクックで作る低温調理ローストビーフの最適条件とは

その条件は:

62度3時間

です。詳しく紹介します。

なお、この条件については、ネットでホットクックを使った最適な条件を調べましたが、こちらの記事が参考になりました。実際試してみて本当に今までの条件の中で一番美味しくできたので記事として残しておきます

ポイントは、細菌が死滅する60°C 10分以上、アクアチンというタンパク質が変質しない65°C以下であることです。こちらの肉の厚み別最適低温調理のデータも参考になります。

作り方は以下です:

・牛肉ブロックをフライパンにオリーブオイルを大さじ1/ 2で強火で各面に胡椒をふりながら焼き色をつける。
・ジップロックに牛肉ブロックと牛肉の重さの0.6%の塩を入れストローで空気を抜いてお湯を入れたうち鍋に入れてホットクックで湯煎にする。
・手動>発酵・低温調理>温度62℃>時間3時間
に設定しスイッチオン

これでOKです。塩は肉が240gだったので、1.4gとしました。

こちらが、フライパンで焼き色をつけたところ。

こちらがホットクックの内なべに入れして、条件をセットしたところです。

◾️ ホットクックで作る絶品低温調理ローストビーフの出来上がりとあじ

こちらが切ったところと、盛りつけたところです。

お好みのタレでも良いですが、今回は白トリュフ塩を使って見ました。これが牛肉の旨味をより引き出す感じでとても美味しいです。出来具合も柔らかくて絶妙な仕上がりにできました。

■まとめ

ホットクックの低温調理での最適と思われる条件(62℃3時間)で作ったローストビーフについて紹介しました。

参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

17人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)