クッキング

ホットクックで作る牛肉の赤ワイン煮込み

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食・幼児食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

ホットクックで牛肉の赤ワイン煮込みを作りました。柔らかくてほろほろの肉が、濃厚な煮汁と一緒に楽しめます。

◾️ホットクックで作る牛肉の赤ワイン煮込みの材料

【材料(4人分)】
・玉ねぎ :205g
・人参 :165g
・牛もも肉塊:472g
・ニンニク:5g
・香草 :今回は月桂樹2枚とローズマリー1つ
・オリーブオイル:6g
・赤ワイン:200cc
・塩:全体重量の0.6%
(今回は1041×0.006=6.3g)

こちらが材料の写真です。牛肉は外国産の安いものでも大丈夫です。ワインも、チリのカベルネソーヴィニヨンですが、安いものです。

続いてレシピです。

◾️ホットクックで作る牛肉の赤ワイン煮込みのレシピ

【レシピ】
・ホットクックの内鍋に、オリーブオイル、玉ねぎ、人参、ニンニク、
 香草を入れて 
 手動>炒める>3分でスイッチを押す
・その間、牛肉を食べやすい大きさに切り、
 フライパンにオリーブオイルを入れ表面に焼き色をつける
・野菜を炒め終わったら、内鍋に牛肉と塩と赤ワインを入れて
手動>煮詰める>10分にセットしスイッチを押し
蓋を開けてアルコール分を飛ばす。
・ホットクックの自動メニューで
牛すじの煮込みを選んでスイッチを押す
1時間30分程で出来上がります。
・出来上がったら、内鍋を取り出し2時間くらい冷ます
・肉を取り出して、汁だけを煮詰め
 手動>煮詰める>30分で蓋をあけます。
・肉を戻して盛り付ける

こちらが、野菜をまず炒めて、並行して肉をフライパンで炒めています。

こちらが、肉を内鍋に入れて赤ワインで煮込んでから、肉だけを一旦取り出して、煮汁を煮詰めた上で肉をもどしたところです。

時間がある場合は、汁を冷ましてから肉を入れて、冷蔵庫に2、3日おくと更に旨味が肉に染みるそうです。これは、斉須政雄著「十皿の料理」に書いてあります。今回はまずは半分ぐらいをこのままいただいて、残りを冷蔵庫で寝かせておくことにしました。

created by Rinker
¥1,386 (2022/10/07 21:15:32時点 Amazon調べ-詳細)

◾️ホットクックで作る牛肉の赤ワイン煮込みの出来上がりと味

こちら皿に盛り付けたところです。蒸したブロッコリーを添えました。

ワインと野菜の煮汁の味が牛肉に染み込んで、とても美味しくできました。肉も柔らかく出来ました。

こちらが、「十皿の料理」を参考に、冷蔵庫で2日ほど寝かせてからあたためたものです。

牛肉のほろほろ感がさらに増して、とても柔らかく味もより染みてさらに美味しくなりました。

■まとめ

ホットクックで牛肉の赤ワイン煮込みを作りました。牛肉も柔らかく煮込まれていて、煮汁の味もとても美味しいです。

是非お試しください。

離乳食に続き、幼児食のレシピも本になりました。アンリミテッドだと無料で読めます。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

22人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)