クッキング

ヘルシオ使いこなしメモ:綺麗にフランスパンが焼けたのでパンコントマテを作りました

こんにちは。生涯挑戦!をモットーに新大人世代を応援する、こうちゃんです。

ヘルシオオーブンでのフランスパン焼き上げの2回目です。

前回味は悪くなかったのですが、上の部分が少し焼き過ぎたのと、形が扁平足みたいに不恰好になってしまいました。

今回はその失敗を生かして、少し改良を加えたら綺麗にできたので、スペインの日常食であるパンコントマテ をまた作りました。

この記事では、綺麗に焼くためのポイントと、パンコントマテを作った様子を紹介します。

■ヘルシオで形をよく綺麗にフランスパンを焼くには

ベークの条件は前回と同じく、150℃15分空焼き、240℃20分本焼きですが、前回と変えた

ポイントは2つです。

・生地を筒状になるように形を整える

・2段ある天板の挿入口の下の段に入れる

これだけで、形が綺麗で、上部も焼き過ぎる事なく、外はちょうど良い硬さで、中ふんわりのフランスパンが出来ました。

■パンコントマテ をまた、手順を見直して作りました

前回は、カリカリとなるまで焼きましたが、本場スペインで味わったパンコントマテ は中はしっとりしてました。

今回はその経験も踏まえて、アナザースカイの番組で紹介されていたやり方を忠実に守って作りました。

・フランスパンをスライスする前にヘルシオのウォーターオーブンで8分丸のまま焼く

・トマトを準備する。

・温かいうちにパンをスライスしてトマトを塗りつける。

・塩をふりかけ(小さじ1/5ぐらい)オリーブオイルをかける

です。

フランスパンは昨日作ったものを、1つウォーターオーブンで焼いた写真です。

トマトは割と熟した色の赤いのをスライスして使いました。余ったのはサラダにします。

■出来上がりと味

フランスパンの出来がよかったので、パンコントマテ の味も本場に近いものになりました。ただ、La Ventaのプロの味にはまだまだ及ばない感じです。当たり前かもしれませんが…。

それでも自家製パンで手作りパンコントマテ の味は大満足でした。

ご参考になれば幸いです

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)