クッキング

フライパン不要!ホットクックで作るポルチーニ茸のトマトクリームパスタのレシピ

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

乾燥ポルチーニを手に入れたので久しぶりにポルチーニ入りのトマトクリームパスタをつくりました。

2年程前に4回ポルチーニを使った料理をしましたが、今回はホットクックがあるので、フライパン不使用でトライしました。

この記事では、ホットクックを使って簡単で美味しいポルチーニ入りのパスタのレシピを紹介します。

■材料とレシピ

材料(3人分)

・乾燥ポルチーニ 10g (水で戻すと30g)
・冷凍しておいたミートソース 約300g
・生クリーム 200cc
・乾燥パスタ 300g
・白ワイン 50cc
・塩 全体重量の0.6% (ミートソースに塩分が0.6%含まれているので、1.8gを引く)

パスタは茹でると2.5倍になるので、750gとして計算します。

こちらが、ポルチーニを水で戻したところと、トマトベースのミートソースです。

尚ミートソースは何日か前にピザを作ったときに使った残りです。これもホットクックでつくった自家製です。

レシピ
・乾燥ポルチーニを1時間程水にひたして戻す 約30gになります。
・冷凍のミートソースと水で戻したポルチーニと白ワインと塩をホットクックの内鍋に入れる
・ホットクックで、手動>煮物>混ぜなし>5分
・5分立ったら、ふたを開けて煮詰める>5分に設定して生クリームをいれ煮詰める
・その間にパスタを茹でておく
・パスタが茹で上がったら水をきり、ホットクックのスイッチをとめて内鍋にパスタをいれて具材とあえてできあがり。

こちらが、ホットクックに具材を入れたところ、

パスタは象印の煮込み自慢の麺茹で機能をつかいました。時間がくると知らせてくれるので、ふきこぼれの心配もなく便利です。

生クリームを入れてふたを開けて煮詰めているところです。ワインのアルコール分を飛ばすのにも蓋を開けて煮詰める機能は便利です。

茹で上がった麺をこのようにホットクックに入れて和えてできあがりです。

とても簡単ですね。

■でき上がりと味

出来上がりはポルチーニの風味が程よくトマトクリームソースと溶け合ってとても美味しくできました。

実はひとつ失敗があって、塩分がミートソースにある程度あるはずと思い込んでしまったところで、塩味が足りなかったところです。食べるときに追加しました。

やはり、パスタの分と生クリームなど加える材料の重さも加味してちゃんと加えておくべきでした。

簡単な計算でできました。
(30g+300g+200g+300gx2.5 +50g)x0.006 ー 300gx0.006
=7.98ー1.8=6.18g 材料のところには、ちゃんと計ったと想定して書きました。

サラダと朝にホットクックで作ったミネストローネも添えました。

以上、参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)