クッキング

ホットクックで幼児食: ツナと三つ葉の卵とじ

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

ホットクックで幼児食シリーズ、今回はツナと三つ葉の卵とじです。ほかににんじんとしめじを使っています。三つ葉は家庭菜園で育てたものです。

■ホットクックで作る幼児食:ツナと三つ葉の卵とじの材料

三つ葉は7、8か月の離乳食中期以降もしくは1歳~1歳半を目安というサイトもありました。2歳前後は問題なく食べさせても大丈夫のようです。

ただ茎よりも葉の部分を多めにしたほうが柔らかい食感なのでおすすめです。生ではなく火を通すのもポイントです。

こちらが材料です。

【材料(フリージングパック6食分 )】
・ツナ缶 1つ: 70g(塩分 0.5g)
・三つ葉   : 6g
・にんじん  : 50g
・しめじ   : 40g
・水      : 50cc
・溶き卵 2個分: 100g
・醤油(減塩): 1.7g

材料の写真です:

ツナ缶に塩分がふくまれているので、薄口醤油の量は
こちらの
「表1 塩分を含む食材の使用量と全体重量に対しての必要な塩分量」
から計算しました。

スーパーで買った三つ葉の根っこの部分から家庭菜園としてプランターで育てた三つ葉を使いました。詳しくはこちらの記事を参照ください。

■ホットクックで作る幼児食:ツナと三つ葉の卵とじの作り方

作り方です。

【レシピ】
・内なべにツナ缶ときのこと醤油と水を入れて
 手動>煮物をつくる>まぜない>5分
・三つ葉を入れて
 手動>煮詰める>2分 で蓋をあけて煮詰めます。
 途中1分ほどでたまごを回し入れてかきまぜて完成です。

こちらが、ツナとにんじんとしめじを入れて5分に設定して煮たところです。

こちらが、煮詰めるに設定して、三つ葉を入れ1分ほどしてから溶き卵を入れたところです。

■ホットクックで作る幼児食:ツナと三つ葉の卵とじのできあがりと味

こちらが冷凍保存用容器に入れたところです。

味見したところ、ツナの味が卵と野菜と溶け合ってマイルドになっていて、そこに三つ葉のほのかな味わいが加わってとても優しい味に仕上がりました。

■まとめ

ホットクックで作る幼児食シリーズ、今回はツナと三つ葉の卵とじを紹介しました。

ぜひお試しください。

ホットクックの離乳食レシピが本になりました。アンリミテッドだと無料で読めます。

アンリミテッドは30日間無料で登録できます。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)