クッキング

ホットクックで作るフジッリボロネーゼのレシピ

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

普通のミートソースに飽きた時におすすめはボロネーゼソースです。

リピートメニューになりますが、ボロネーゼを作りました。前回はパスタでしたが、今回はネットで購入したグリーンピースのフジッリを使いました。

フジッリというのは、小さく厚いらせん状のパスタです。余ったボロネーゼはパンにつけても美味しいです。

■フジッリボロネーゼの材料

ボロネーゼは、イタリアボローニャ地方の料理に使われるソースで、トマトベースのミートソースとの違いはトマトが少なめで赤ワインで肉を煮込むところです。

アルコール分はしっかり飛ばすので、お酒がダメな方でも大丈夫です。

【材料(3人分)】
・オリーブオイル  大さじ1/2 6g
・にんにく     1片    9g
・玉ねぎ      1/2個  120g
・にんじん     1/2個  70g
・セロリ       1/2個  75g
・豚挽肉(牛でも合い挽きでも可) 250g     
・ホールトマト  200g (1/2缶)      
・赤ワイン     200cc
・パルメザンチーズ 10g (塩分0.4g)
・フジッリ     250g (茹でると2.5倍)
・塩 全体重量の0.6% (ここからチーズの塩分を引く。)

今回は9.39ー0.4=9g

フジッリはネットで購入したグリーンピースのフジッリを使いました。

こちらが材料です。

続いてレシピです。

■フジッリボロネーゼのレシピ

【レシピ】
・ホットクックの内なべにオリーブオイルとにんにくを入れる
・手動>炒める を選び1分
・にんにくの香りが立ってきたら、野菜を入れ、手動>煮詰める を選んで

蓋を開けて5分ほど加熱する
・並行してフライパンで挽肉を全体にほぐして1分ほど混ぜずに焦げ目を少しつける
・さらに数分炒めて焼き色がついたら赤ワインを加えて5分ほど煮てアルコールを飛ばす
・ホットクックの野菜の方にホールトマトとフライパンの赤ワインと混ぜた肉を移して
「煮詰める」を延長し、20分ほど蓋を開けて煮詰める
・煮詰め終わる時間を見計ってパスタを茹でておく
・パスタが茹で上がったら、ホットクックの内なべで絡めて最後にチーズをかけて出来上がり

こちらがにんにくを炒めてから野菜をホットクックで煮詰めてるところ。

こちらが、フライパンでひき肉を炒めてワインを入れてアルコールを飛ばしたところです。

ホットクックの方に上記ワインで煮詰めたひき肉、トマト缶、塩をいれて20分煮詰めたところです。

■フジッリボロネーゼの出来上がりと味

こちらが出来上がりです。粉チーズをトッピングしています。

味は期待通り、ひき肉がワインで煮詰まっているので普通のミートソースよりも濃厚な味になり、淡白なグリーンピースのフジッリとよく合います。

■まとめ

ホットクックとフライパンも併用したフジッリボロネーズのレシピを紹介しました。

美味しいのでおすすめです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)