クッキング

ホットクックで時短料理におすすめな、ツナ缶と野菜の炒め物レシピ

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代と子育て世代を応援する、こうちゃんです。

自炊ランチの準備をする時間がないけど、コンビニ弁当に頼りたくないし、ホットクックで手早くできる時短レシピが知りたい。

そんな時はツナ缶をつかった手動炒めの料理がおすすめです。

この記事では、ツナ缶と野菜の炒め物のレシピを紹介します。

野菜は冷蔵庫に有った、だいこん、人参、しめじ、キャベツを使いました。
どんな野菜にも合いそうです。こちらの記事のメニューの応用です。

■ホットクックで時短料理におすすめなツナ缶と野菜の炒め物の材料

【材料(2人分)】
・ツナ缶 1つ:70g(塩分0.5g)
・キャベツ  :55g
・人参    :70g
・だいこん :75g
・しめじ   :60g
・オリーブオイル おおさじ1/2:6g
・塩     :全体重量の0.6%からツナ缶の塩分量を引く
 今回は336×0.006=2-0.5=1.5g

材料の写真です。

ホットクックで時短料理におすすめなツナ缶と野菜の炒め物の材料

続いてレシピです。

■ホットクックで時短料理におすすめなツナ缶と野菜の炒め物のレシピ

【レシピ】
・内鍋に適当にカットした材料を全部入れて
 手動>炒める>5分
・あとは出来上がりを待って完了

とても簡単です。こちらが材料を入れたところです。

■ホットクックで時短料理におすすめなツナ缶と野菜の炒め物の出来上がりと味

こちらが盛り付けたところです。

いつもながら、塩分量さえ計量すれば、素材の味がこんなに引き立つのかとちょっとした驚きです。
味は、塩味だけですが、ツナとそれぞれの野菜の味が引き出された優しい味でとても美味しいです。

最初は手動>炒める>の1分でやってみたのですが、人参がまだ固めでした。そこで、4分延長して丁度良かったので、今回は合計5分が最適時間とわかりました。

野菜の種類によっても手動で炒める時間が変わります。人参やレンコンなど根菜の場合は5分がよさそうということに気づいたのも収穫です。

■まとめ

ホットクックで時短料理におすすめなツナ缶と野菜の炒め物のレシピを紹介しました。
冷蔵庫の野菜で応用範囲がひろがる簡単レシピです。ぜひお試し下さい。

離乳食に続き、幼児食のレシピも本になりました。アンリミテッドだと無料で読めます。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

22人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)