クッキング

調理家電を駆使して作った材料で、自家製トルティーヤ巻き

こんにちは。生涯挑戦!をモットーにシニア世代を応援する、こうちゃんです。

家で過ごすことが多いと、色々料理を試せますね。

この記事では、トルティーヤ巻きの第2弾として、全部自家製にこだわったトルティーヤ巻き料理を作りましたので紹介します。

こだわった理由は、市販のトルティーヤにはショートニングが使われているのを知ったからです。これは米国では「2018年6月以降は食品への添加を原則認めない」とされています。

■タコスなのかブリトーなのか?

そもそもトルティーヤと言うのは、メキシコ料理の具材を包む皮のようなものですが、それで巻いた料理のことは、タコスなのかブリトーなのかわかりませんでした。

いくつかネットで検索して調べて見てわかったのは、

“タコス→ トルティーヤの原料がとうもろこしで、手のひらサイズ。

ブリトー→ トルティーヤの原料が小麦粉の物。タコスより大きいサイズ。”

引用元:

と言うことで、今回自家製トルティーヤはトウモロコシの粉が50%使用しているので、タコスとブリトーの中間のものと言えそうです。

大きさは手のひらサイズなので、まあタコスに近いですが、トルティーヤ巻きとしておきます。

■今回使った材料

材料はこちらです:

・自家製トルティーヤ 8枚

・自家製タコミート 適量  

・自家製照り焼きチキン 適量

・レタスとトマト  適量

・ナチュラルチーズ 適量  

トルティーヤはホームベーカリーで生地作り8分、あとは丸めて焼くだけなので、簡単にできました。

詳しくはこちら。

タコミートは、自家製サルサを使って、ホットクックでこれも簡単です。

詳しくはこちら。

照り焼きチキンはヘルシオオーブンで作りました。これも醤油とニンニクをなじませて焼くだけなので簡単です。

詳しくはこちら。

凝った料理に見えて、実はそれぞれが調理家電を使っているので、意外と簡単にできています。

■トルティーヤを自家製にした理由はショートニングを摂りたくないから 

トルティーヤを自家製にしてみたのは、前回市販品を使った時にラベルをみると、ショートニングが使われてることに気づいたためです。

ショートニングにはトランス脂肪酸が使われていて、米国では使用が規制されている体に悪い油です。

■自家製トルティーヤ巻きの味は?

こちらが盛り付けたところです。

タコミートとチキンを焼きたてのトルティーヤで巻いて食べるのは最高に美味しいです。

しかも全部自家製なのでヘルシー。

また作りたくなりました。

参考になれば嬉しいです。

ローストビーフを使った第1弾の記事はこちらです。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)