クッキング

ホットクックで作る牛すじ肉の味噌煮込み

こんにちは、kindle本「理系出身じいじのホットクックでらくらく離乳食・幼児食」の著者、生涯挑戦!をモットーにシニア世代と子育て世代を応援する、こうちゃんです。

比較的安い牛すじ肉もホットクックを使うと柔らかくて美味しい煮込み料理になります。

自動メニューの「さんまの骨まで柔らか煮」を実験的にいろいろな料理に試していますが、牛すじ肉にも応用できるので紹介します。

自動メニューにも「牛すじ煮込み」というのがありますが、それより時間が1時間余計にかかる分、柔らかさが増す感じがします。

■ホットクックで作る牛すじ肉の味噌煮込みの材料

【材料(3人分)】
・牛すね肉   :400g
・長ねぎ 1本 :110g
・にんじん   :110g
・しょうが   :15g
・ごぼう  1本:125g
・こんにゃく  :250g
・干ししいたけ :60g(水で戻した後)
・しいたけ戻し汁:50g
・日本酒    :50g
・みそ 全体重量の5%: 今回は1170×0.05=58.5g

こちらが材料の写真です。ごぼう、ねぎ、こんにゃく、しょうが、にんじんの写真を取り忘れました(汗)。

ホットクックで作る牛すじ肉の味噌煮込みの材料

続いてレシピです。

■ホットクックで作る牛すじ肉の味噌煮込みのレシピ

ホットククックの自動メニューに「牛すじ肉の煮込み」がありますが、今回はあえて「さんまの骨まで柔らか煮」のメニューを使います。

ただ牛すじ肉のアクをとるところは、「牛すじ肉の煮込み」の作り方にある方法を使いました。

【レシピ】
・最初にアク抜き処理:牛すじ肉+800ccの水を内鍋にいれて
 手動>スープを作る>まぜない>10分
 で処理した後、水洗いしてアクをとり、食べやすい大きさにカット
・内鍋に牛すじ肉、と野菜類、酒、味噌を入れて
 自動メニュー「さんまの骨まで柔らか煮」を選んでスタートを押す
・混ぜ技ユニットが使われないメニューなので出来上がってから菜箸などでまぜて、5分延長する。

最初にアク抜きの手間は少しかかりますが、基本おまかせなので楽です。

ただ、「牛すじ肉の煮込み」は1時間半ですが、「さんまの骨まで柔らか煮」は2時間半かかって、アク抜きを入れたら3時間近くかかるので、早めに仕込んでおく必要があります。

こちらがアク抜きしたところ。

■ホットクックで作る牛すじ肉の味噌煮込みのレシピ

こちらが材料を入れたところから完成までです。

ホットクックで作る牛すじ肉の味噌煮込みのレシピ

■ホットクックで作る牛すじ肉の味噌煮込みの出来上がりと味

こちらが盛り付けたところです。

ホットクックで作る牛すじ肉の味噌煮込みの出来上がりと味

牛すじ肉がとても柔らかく煮込まれていて、砂糖不使用なのに、自然の甘さがでています。根菜やきのこからも旨味がでていて美味しくできました。

■まとめ

ホットクックの「さんまの骨まで柔らか煮」メニューを活用した牛すじ味噌煮込みを紹介しました。

参考になれば嬉しいです。

 

離乳食に続き、幼児食のレシピも本になりました。アンリミテッドだと無料で読めます。

ABOUT ME
こうちゃん
●このブログについて 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/26938 アクティブな新大人世代を迎えている人達を応援しつつ、 自分自信も生涯挑戦をモットーとし、成長マインドセットをもって 価値のある情報を提供していくことを目的としています。 ●ミッション: ・健康維持、家族の幸せ、少しでも他の人に役に立つことをする ・本、旅、芸術、仲間に会うこと等からの学びをインプットして、  日々0.2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある  情報発信を目指します。 ●趣味 ゴルフ/ウォーキング/筋トレ/瞑想/読書/料理/美術鑑賞/旅/室内楽演奏 ●仕事 2016年4月に還暦を迎え、2nd Lifeがスタートしました。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

22人の購読者に加わりましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)